lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

目的はラケットを加速させることです (テニス)

テニスで「ラケットを加速させる (increase racket speed)」と聞くと、誰もが「うん、そうだよね。それで?」と思うはずです。一方、「ラケットを振る (swing a racket)」「ボールを打つ (hit a ball)」という表現はテニスでも普段から使います。誰も違和感はないはずです。

最近、この「ラケットを振る」「ボールを打つ」という表現が、初心者からある程度打てる人までマイナスに働いている部分がある と感じるようになりました。

ボールに力を伝えスピンをかけるにはラケットを加速させる必要があります。ラケットの推進力がスピードと回転量に分配されるからです。(もう1つの要素はラケット重量) では、ラケットを「速く振ること」がラケットを加速させる事でしょうか? 答えは半分Yes、半分Noです。

例えば、ピッチャーは腕を振ってボールを投げるが、ボールを投げる最終目的は『ボールを加速させる、或いは回転を加えること』であり、腕を思い切って振ることではないと言えばなんとなくわかってくるでしょうか?


ラケットを動かしボールに当てるのは手や腕です。ただ、ボールに影響を与えるのはラケットであり手ではありません。つまり、ボールに効率よく力を伝えるにはラケットの加速を最大限引き出す事で、能力関係なくインパクト前後の手や腕による「操作」がラケットの加速を妨げてしまう ケースはものすごく多いです。

初心者なら、ラケットを振り「ラケットを当てること」でボールを飛ばそうとします。自分の意思でボールを飛ばすという事が直感的がわかりやすいからです。その結果、ラケットをしっかり握ってしまい、大きくスムーズにも振れないし、速く振りたくてもできません。サーブもそうですね。筋力がある方は自身の腕力で速度を出そうとします。セーブに筋力が関係ないとはいいませんが、それだけではモデル並みに体の細い女子選手が一般男性よりはるかに速いサーブを打つ説明がつきません。("体幹"が言われるようになったのはここ数年ですからね。)

「ラケットを振る」「ボールを打つ」という表現を日常から消すことはできませんが、ボールに力を伝える本質である「いかにラケットを自然と加速させるか」「体の機能でラケットの加速を邪魔しないか」と重視すれば、自身の技術が進むべき方向性が見えてきます。なかなか上達しないな、安定して打てないなという方は特にでしょう。

よく、テイクバック時に腕の角度がとか、インパクト時のラケット面の角度が、といった質問を目にしますが、それらはラケットを「操作」することで生じるもので、失礼ながらもう次元が違う話だろうと感じています。

自然な体の動きによりボールを打つなら、人間の体の構造上、皆が同じような打ち方、フォームになってくるはずです。例えば、軽くボールを投げるだけなのに人と全く違う投げ方をする必要はなく、特に教わる事なく皆同じような投げ方をするはずです。

ウィリアム王子とキャサリン妃が "Foam Javelin" というロケット型玩具を投げる写真

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/06/13/article-2158989-1396AA99000005DC-260_634x969.jpg

お二人とも全く同じ形ですね。

少し抽象的で分かりづらくなってしまいましたが、人それぞれに「ラケットを振ってボールを飛ばす」ことを意識するあまり、フォームも様々、球威も回転量も様々という状況はもったいない ですね。

 

テニススピードマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,404円
(2016/6/12 12:09時点)
感想(1件)