読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スピンがかかるラケット、スピンがかかるガットって (テニス)

スピンがかかるラケットはどれ? スピンがかかるガットはどれ?

本当に本当によく見る質問です。

答えは間違いなく「道具に頼るなら技術を磨け、何十倍も効果があるよ」です。


聞く側は「いや、そういうことじゃなくて...」と言うでしょうが。。

例えば、AさんとBさんが全く同じラケット、同じガット、同じテンションでストロークを打ちます。でも、AさんとBさんのスピンのかかり具合や球筋が全然違う事に誰も疑問は持たないでしょう。

また、世の中にはスピンがかかる事をうたったラケットやガットがかなりの数出ていますが、毎年新しい商品が出続けるし、特定の商品がバカ売れして常に在庫切れ、他が全く売れなくなったという話も聞いた事がありません。

これらの事から言える事は「スピンをかけるのは技術であり、道具はそれをやりやすくする効果しかない」という事です。恐らくこれはまぎれもない真理です。

時々、プロ選手が使っているラケットは手に入るのかとか、プロ選手のガットの種類とテンションを教えてくれという人もいます。気持ちはわかりますが、仮にラケットが手に入っても使いづらいだけだと思います。(例えばクルム伊達さんのラケットは350g以上あるようですし、それは特別ではないはずです。) 

道具には自分にとって使いやすさがあり、打感も手に伝わる感覚も違います。自分の技術をもれなく発揮するには使いやすい道具がいいですが、ラケットやガットを変える事で仮に3~4%回転量が増えてもそれで上手くなる訳でも相手に勝てる訳でもないはずです。

加えて言えば、全く新しいラケットやガットを使い始めて最初は使いづらくても2週間も使えば違和感なく打てるようになると思います。人間にはそれだけの調整能力があり、長く使えば「自分はこの組み合わせじゃないとダメ」と言うようになります。道具の違いとは本来その程度のものだと思います。

道具を変える事でよりスピンをかけたいと言う大多数はスピンが上手くかけられない方でしょうから、正直、自分の技術を上げれば20~30%の回転量UPも全く無理ではないと思います。また、頻繁にラケットやガットの種類を変える人はかなりの確率で技術面に課題を抱えている人ではないでしょうか。(結構図星だと思います)

プロ選手のフォームを再現しようとしたり、同じ道具を使っても同じように打てる訳ではないです。目を向けるべきはどうすれば安定してミスなくしっかりとしたボールが打てるのかですね。自分の状態を見極め、何が不足しているのか、何をすればよくなるのかを考える事だろうと思います。スピンをかける技術は、Aさんは出来るけどBさんは出来ないといった特別なものではないですから。


follow us in feedly