lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

片手バックハンドの振りぬき (テニス)

片手バックハンドの特徴は『スイングスピードの速さ』です。両手バックハンドは面が安定させやすく打ち負けにくいですが両手で持つ分ラケットを加速させる移動距離が稼げません。片手バックは利き腕だけで振る分加速させやすくスイング速度はボールの威力や回転量に直結します。このためしっかり振り切れなければ片手バックで打つ意味は極端に下がります。

片手バックの振りぬきを良くする要素はいくつかあると思っていて、基本的な体の使い方やフォーム以外にも、ラケットの違い(いわゆる振りぬきの良さ)も大きいです。

今回は、基本的な『ラケットを振る』という事について考えます。

再び紹介しますが、みんラボさんのレッスン動画で、薬指と中指、親指で輪を作り、ラケットをひっかけた状態でスイング、実際にボールを打ってみるというものです。

youtu.be

解説はフォアについてですが、同じく片手で打つ片手バックハンドも同じトレーニングが活きます。ラケットを「握って」いないので、『遠心力』でラケットが飛んでいってしまわないようにするだけ、『慣性の力』に任せてラケットが自由に進んでいくのに任せるだけしかできません。片手バックの練習を始めたばかりの方にはかなりオススメの体験です。

手に持つ棒状の物体の重さを利用し、体をうまく使って遠心力と慣性の力で物体を加速させる方法として、野球のバッティングを思い浮かびました。

バットは両手で持ちますが、選手はトレーニングの一環として片手でバットを振る様子を時々見かけます。少なくともバットはラケットよりも重いのでラケット以上に腕の力だけで振ることは難しいはずです。

動画をいくつか見かけました。

youtu.be

youtu.be


これらを見ていて、体の使い方バットの振り方、フォロースルーの形まで、ワウリンカ選手のフォームに似ていると思いました。

youtu.be

片手バックハンドの基本と言われる事柄 (「横向きキープ」「腕をまっすぐ振り出す」とか) からはだいぶ違うのでしょうが、ラケットの重量を活かして加速させる方法としてごくごく自然な体の使い方なのだろうと感じました。(基礎と応用という感じかもしれません。)

実際、最初に紹介した指で輪を作りラケットをひっかけた状態で片手バックのスイングをすると、テイバックではラケットを立てるしかないし、体に近い部分から曲げた肘を伸ばす事をきっかけにラケットを引き、加速したラケットを支えるために、後ろ足を曲げ腰をボール方向に向けてやる方が振りぬきやすいです。腰や胸を積極的に正面に向けていく訳ではないですが、バッティングで言う「腰を入れる」状態でボール方向に腰を向けていく形です。インパクト以降はスイングに伴い、腰と胸は自然と正面を向いていき、利き腕とラケットは右肩の位置から更に大きく右側に上がっていきます。

なお、フォアハンドでも、短いボールを前に詰めて打つ場合などは、振り抜きを抑えてスクエアスタンスのまま打つ方が安定してコントローラブルに打てます。フェデラー選手がよく使う打ち方ですね。

youtu.be

片手バックハンドでもコントロール重視、インパクトの正確性を重視する場合は、しっかり非利き手を使って横向きをキープし、胸や腰が正面を向いてくのを抑えた方がよいと思いますが、通常のストロークで振りぬき重視であれば、こういった体の使い方ができる事は大事かなと思います。

実際、片手バックのお手本と言われるフェデラー選手もそういう体の使い方は行っているように見えます。

youtu.be


なお、この腕の力に頼らないラケットの加速を重視する振り方がわかると横向きキープでも十分ラケットは加速できるようになります。要は『ラケットを振るという事』がどういう事かを理解する事なのだろうと思います。