読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フォアハンドでラケットにかかる力を考える (テニス)

テニス

今回は、フォアハンドでボールを打つ際、ラケットに関連してくる "力" について考えてみたいと思います。ラケットを強く握らないという点も関係します。


まず、テイクバックした位置で停止状態になるラケットには『慣性の力 (その場に留まろうとする力)』が働きます。(慣性の法則で、電車が急に動き出すと倒れそうになるやつです。)

f:id:a-londenion:20160529035259j:plain

スイングを開始し、手により引かれたラケットは、そのスイング軌道にグリップ側から進み、ヘッド側は慣性の法則に基いてその場に留まろうとするのを手に引っ張られるので『スイング軌道上を後ろからまっすぐ追従』します。(留まろうとする力より引く力の方が強いのでグリップ側に引かれる)

f:id:a-londenion:20160529040120j:plain

引かれて動き始めたラケットには、動くものはずっと動き続けようとする『慣性の力』が働き加速していきます。(同じく、電車が急ブレーキを踏むと倒れそうになるやつです。) 結果、動き出したきっかけである手(グリップ)を追い越し、更に前に進んでいきます。

なお、加速には関連しませんがスイング中には『遠心力』も感じることができます。
f:id:a-londenion:20160529040746j:plain
ラケットは手で持っており離さない限り手の長さ以上には進めないので、慣性の力によりインパクト以降まで加速した後、減速しながら利き腕の反対側にラケットが巻き付いていく形でフォロースルーを迎えます。

f:id:a-londenion:20160529041429j:plain

これら一連の動きは「ラケットの重量を利用し、引かれる事をきかっけに慣性の力で加速したラケットをボールにぶつけて、ボールの推進力と回転力に変えている」という事です。

つまり、ラケットは軽々振れるより自分で振ってある程度重みを感じる位の重量があった方がこれらを感じやすいかもしれません。


gifアニメを作って見ました。

f:id:a-londenion:20160529043637g:plain

最初にラケットを引く力はきっかけにすぎませんし、インパクト前後でラケットを「押す力」もインパクトで面がブレないよう支える程度です。(※体の力が不要という意味ではないです。体の力を使う事でラケットを引き、加速させる訳なので。ここでは『ラケットが加速するごく基本部分の仕組み』という意味です。) 手で物を引く力は大きくありませんし、物を押す力は強くはあっても、短い時間で瞬間的にボールに力を伝えるスピードは出しにくいです。

糸に付けたおもりをぐるぐる振り回せば、同じ円を描いて安定した軌道を描くのと同様に、上記の『慣性の力』と『慣性の力』を上手く生かせればラケットのスイング軌道はブレにくく、且つ、少ない力で速く振る事ができます。しっかり握った状態でラケットを振ろうとすると、スイング軌道は毎回変わり、同じように速く振るだけで疲れてしまいます。プロ野球のピッチャーは軽く投げるだけで130km/h位は楽に出せ、試合中も強くボールを握り締めたり力任せに腕を振ったりはしません。リラックスして腕を振るほうが速く振れる事を理解しているからです。

自分が強く握っているかがわからない(私もそうでした)場合は、以下の練習を試してみるといいと思います。以前にも書きましたが、いつも参考にさせていただているみんラボさんのレッスン動画で、薬指と中指、親指で輪を作り、ラケットをひっかけた状態でスイング、実際にボールを打ってみるというものです。

youtu.be

ラケットを「握って」いないので、『遠心力』でラケットが飛んでいってしまわないようにするだけ、『慣性の力』に任せてラケットが自由に進んでいくのに任せるだけしかできません。素振りでこれができないようなら、ラケットを握っている、打ち方に無理があるという事かもしれません。

なお、ボールの打ち方は人それぞれなので、今回書いた事ができてないとダメという事では全くありません。ただ、疲れず楽にミス無く安定したフォアハンドを打ちたいのであれば、これらの事を考えてみるのはいい機会だと思います。

テニスを徹底的に科学する [ リチャード・ショーンボーン ]

価格:1,620円
(2016/5/29 07:44時点)
感想(0件)