読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スピン回転とスライス回転 (テニス)

テニス

まだ試し始めたばかりでまとまりがない内容です。

一般的な認識から言えば、フォアもバックも「トップスピンはセミウエスタンやウエスタンの厚いグリップで打つ」「スライスはコンチネンタル等の薄いグリップで打つ」です。私は片手バックハンドでスピンを打つ際はセミウエスタン位の厚めのグリップ、スライスはコンチネンタル位の薄いグリップで打っていました。


ところが、片手でバックハンドを打つ際の打ち方についてあれこれ考えたりしている中で、最近ふと思いました。「スピンとスライスの違いって何だ?」と。

例えば、基準としてコンチネンタルグリップの片手バックハンドでフラットに近いボールを打つとします。実際、昔の選手はコンチネンタルグリップでした。力が入れにくいので打点は体の真横位になりますが、体を軸にラケットを横振りするようにスイングすればコンチネンタルでも打てます。腕をねじりにくいので、スピン同様テイクバックで肘を曲げ、フリスビーを投げるように前腕を伸ばしながら振り出せば腕と一直線になった所が打点(体の真横)という感じでした。

このコンチネンタルグリップの片手バックハンドのフラット打ち (地面と水平にスイング) を基準にすると、インパクトでボールの上側に力が加わえればスピン回転に、下側に力が加わえればスライス回転になります。つまり、スピンとスライスの違いはボールに伝わる力の加え方次第じゃないと考えました。


よくトップスピンは下から上に振ると言いますが、ラケットとボールが接する時間は0.004秒しかなく、当たる前や当たった後の「ボールにラケットが接していない状態」でいくらラケットを動かしても当然ながらボールに力を加える事はできません。つまりインパクトの瞬間こそがボールに影響を与えられる唯一の機会でラケットを振り回すよりもインパクトに集中すべき理由となります。


話を戻すと、同じグリップ、同じフォームでもスピンとスライスを打ち分けられるよねということです。(ちなみにフェデラー選手は片手バックのトップスピンもスライスもグリップ以外は同じように見えるテイクバックで打てます。加えて言うならドロップショットも) 当たり前と言えば当たり前ですが、同じグリップで球種を打ち分ける事を考えた事が選択肢を広げる事へ前進な気がしました。(私が学習しているナチュラルスピンサーブでは1つの打ち方で各球種を打ち分けます。)

次はフォアのコンチネンタルグリップや更に薄いサーブ時に使うバックハンドイースタンでスピンを打つにはどうすればいいかです。

薄いグリップのフォアなど使い道がないように思えますが、バックハンドイースタンによる腕の振り(外旋/内旋・回外/回内)がサーブに回転を与えるのに有効なように、ディフェンシブなスライス回転のショットにもこのグリップは使えます。錦織選手もよく使います。

youtu.be 

youtu.be

コンチネンタルよりも薄いグリップよるフォアハンドは、自分の体より後ろにあるボールも拾う事ができます。

なお、コンチネンタルグリップでもインパクトに力を加える方法として、打点の位置から手首を甲側に背屈させインパクトに合わせて戻す方法があります。ボレーの際、腕や手の操作でラケットを動かすとボールに当たりにくくなりますが、この方法は手首を支点にするので軌道もブレにくく、いわゆる「パンチ」を効かせる方法です。(リラックスして瞬間的に小さく動かし戻すのが大事かもしれません。)

youtu.be

この打ち方を応用すれば、よくハーフバンドのバウンド直後に面を作ってボールを引っかけるように「パン」とスピンもかけられそうに思います。これは厚いグリップでもできますが、薄いグリップでないと体の後ろ位の打点で取ることはできません。(相手のボールが思ったより深くして体の真横で取る事ってありますよね。或いは後ろ向きに追いかけて体を前向きに戻す余裕がない時も。)

まだまだ試してみたい事がありますが、打点によってグリップを使い分ければ、追い込まれて自分の体の横、あるいは体の後ろに打点が来てもスライスだけではなく、スピンで返球する選択肢も増えると感じました。また、ボレーを打とうと思っている際、グリップは変えず咄嗟にスイングボレーに切り替えた際も薄いグリップでスピンを打つ練習は役に立ちそうな気がします。

もちろん練習は必要ですが、実際に打てる事と打てない事は大きいです。

テニスは飛んでくる様々なボールを自分が持つ色んな選択肢の中から技術を選び自分が思ったように狙った場所に返球する事が大事なので、厚いグリップでしかスピンは打てません、攻めこまれたら一発狙いのやけくそかスライスで逃げるしかできませんといった選択肢が少ない状態は勿体無いなと思いました。