読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ジョン・イズナー選手のラケット (テニス)

ジョン・イズナー選手と言えば「プリンス」の契約選手で同社のラケットをずっと使っていますが、先日公開された通販サイト「Tenniswarehouse.com」のフィラのコマーシャル映像を見て今更ながらラケットの変化に気が付きました。

youtu.be

というか、ウェアも「ラコステ」から「フィラ」に変わってたんですね。(ラコステ契約だったロディック選手が引退する際、代わりに契約した感じのタイミングだった気がします。)

去年のイズナー選手

プリンスのWorrior 100を使ってます。

http://img.tennis-warehouse.com/watermark/rs.php?path=PW1H-1.jpg


Worriorは海外での製品名で、100はEXO3が採用されたいわゆる「穴あき」タイプでした。


今年(2016年)のイズナー選手

ラケットは同じWorrior 100なのですが、EXO3(穴あき)では無くなっています。

http://img.tennis-warehouse.com/watermark/rs.php?path=W100-1.jpg


Worriorは日本では発売されておらず、別ラインのTOURは海外にもあるので、日本で言うならHARRIERに相当するラインナップという感じでしょうか。(HARRIER PRO 100XRが近いように思えますが、フレーム厚、バランスが微妙に違い、ストリングパターンも違います。Worrior 100は16x18です。)

USのプリンスのサイトを見ると、EX03のラケットは6種類しか載っておらず4種類がESP(ストリングパターンが少ないスピン系ラケット)で残りは旧タイプです。つまり、国内以上に海外ではEXO3の縮小が進んでいるということかなと思いました。 

catalog.princetennis.com


ブライアン兄弟は引退するまでプリンスな気もしますが、ヤンコビッチ選手はステンシルが無くなったり入ったりとプリンスとの契約関係もよくわからない状態ですね。ちなみに現状のヤンコビッチ選手は昨年モデル(EXO3)のWorrior100のようです。

 

 

follow us in feedly