読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

テニスでコツを聞かれたら? 気まずくならないために (テニス)

私はテニスにでよく言われる「コツ」という物には否定的で、「コツ」とは既に出来てる人が聞くと「なるほどそうだね」と思える事柄ながら、出来ない人が出来るようになる要素とは少し違うと思っているからです。(技術を上げるための本質ではなく付加的な事柄が多い)

でも、テニスをやる人は周りの技術にも関心を持つもので、休憩時間など話の流れで「あなたの○○のコツは何?」いったやり取りをする事も少なくはありません。

ただ、スクールに通うほど熱心にテニスをやっている人達はレベルに関係なく自分の技術やスタイルにはこだわりやプライドを持っているもので、信頼しているコーチならともかく、自分と同レベルに近い素人から自分を否定されるような話を言われるのはおもしろくありません。(人によっては若手コーチの話すら満足に聞かない人もいますから。)

話の流れとは言え、コツを聞かれて「あぁ、自分はこうしてるかな。あなたの場合ならこうなってるから、こういう風にしてはどうかな」と答えるのは大いにNGです。良かれと思って話した一見アドバイスとも取れる表現で、その場は「へぇ、なるほど」で終わるかもしれませんが、相手は「何だ偉そうに」と思っている可能性があります。残念な事にその人が内容を理解できず自分の技術に強いこだわりがあるなら「そんなの聞いたことない」と言い合いに発展する事すらあります。


少し話は反れますが、ゴルフをやっていると、自分より上手くない人、特に女性等には自分の知識をアピールしたくて仕方ない人がします。いわゆる「教え魔」ですね。でも、そういう人の知識は聞きかじった「コツ」の蓄積で情報の整合性も取れておらず、本質ではない各部の見た目にこだわったりします。逆に、自分より上手い人がいてもプライドから教わるような事はしたくないし、無言で張り合ったりしたりします。テニスでもそういう人は時々見かけます。うまく接しないといつまでも付きまとわれるし、むげに否定すると関係が悪くなるしと頭が痛い問題でもあります。

話が反れついでですが、テニスにおいて他人に情報を伝えるには「教えるノウハウ」が必要です。今は「わかり易さの時代」と言われていて、林先生、池上彰さんなど分かりやすく伝えるノウハウやテクニックが重視されます。いくら実力や知識がある人でも教える技術はスクールの職業コーチと比べるべくもありません。(テニスサークルで経験者が教えても初心者はまず上達しないのはこのためで、初心者のほぼ唯一の選択肢はスクールのみです。) 教えるには、テニスの知識とは別に、教えるための技術も別に持っておくべきかもしれません。

話を戻します。仮にテニス仲間と「コツ」の話になった場合、相手に立腹されたり言い合いにならないために、自分がコーチ等の相手の信頼に足りる肩書を持っていないなら話し方に工夫が必要なのかなと思います。自分なりの「コツ」を話すのみでもいいでしょうが、それだけだとそっけない、もしくは相手に参考にして欲しい気持ちもあるなら次のようなやり方はどうでしょう。


1.自分の場合はここをこうしてる。○○に効果があると聞いている。

相手の状況に当てはまる部分をあえて上げ、修正に効果がある情報を伝える事で間接的に参考にしてもらう。


2.ここを気をつけてる。やるとやらないとではこう違う。

1に近いですが、その場で実感できる事柄を伝える。例えば、両足の外側に頭や上半身が出るだけでバランスが崩れてしまいますが、それは解説されるまでもなく見るだけで相手がその場で実感できます。

3.○○選手がxxxの動画解説でこういう風に言っていた。

自分が知った経緯である著名なプロ選手の名前を上げ、相手に信頼に足りうる情報であると伝えます。(コーチの説明より信頼度が高いと感じる)


4.○○選手はこうしてるけど☓☓選手はこうしてるようだ。自分は前者を参考にしてる。

3に近いですが、相手が参考にできる信頼に足りる選択肢を複数提示し相手に選ばせます。


ポイントは「指導」や「解説」ではなく、参考になる情報を提示して相手に選択させる事です。相手は「自分」で取り入れた事であり、自分のスタイルを否定されたり矯正されたりしておらず『ヒントを元に自分で改善した』と感じるはずです。


また、説明は簡潔にしたいので、相手が実感しにくいイメージ的な表現や、情報源が曖昧な内容は信頼されないので避けたいです。効果に繋がりにくい「コツ」的表現も除きます。


家族や恋人等、相手が上手くなることに思い入れがある場合を除き、上達は本人自身か習っているコーチに任せた方がいいです。ただ、一緒にテニスをやる中でこういった技術論は避けられないので、自分の知識を説明したい気持ち、良かれと教えて上げたい気持ちを抑え、うまく対処する事で関係がこじれずに済むかと思います。

『楽しくテニスをしてるだけなのにそこまで気を使わないとダメなの!!』と思われるかもしれませんが、私はこういう点が気にしてしまうのでこんな事ばかり考えてしまいます。 

follow us in feedly