読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フラットサーブに必要な高さをざっと計算してみる (テニス)

テニス

よくフラットサーブを打つには高い身重が必要だからサーブは回転をかけないと確率が上がらないという話を聞きます。ただ、必要な身重という話になるとだいたい「2m以上」とか曖昧です。

もちろん、空気抵抗、ボールスピード、回転の有無、温度、風の有無などの要素が関わってくるので、単純に高さだけ計算するのは意味がないのですが、少なくとも位置関係がどうなってるかだけ確認してみようかなと思いました。


図: サーブを打つ際の距離や高さの関係

ネットが最も低いコート中央部、サーブを打つ位置、落下点も中央のセンターマークの位置あたりで考えます。
f:id:a-londenion:20160516213225j:plain

自分側のベースラインからネットまでが11.885m、ネットからサービスボックスの先頭までが6.4mです。ここにボールが着地するとします。中央のネットが一番低い高さが0.914mです。

6.4 + 11.885 / 6.4 = 2.85703125 (ベースラインからサービスボックスの一番奥までの距離は、ネットからサービスボックスの一番奥までの距離の約2.86倍)

図は直角三角形なので各辺の関係は a² + b² = C² とかですが、
単純には、ネットの高さを約2.86倍すれば、必要な高さが分かります。

0.914 * 2.85703125 = 2.6113265625 (ベースラインからネットの頂点を通してサービスボックスに入れるのに必要な高さ)

つまり 2.611m程 必要となります。

ではこの高さは実際どの位になるでしょうか。

おおよそですが、身重170cmの人の場合、地面から肩までの高さはおよそ138cm、腕の長さ(肩から指先まで)が73cm、手の大きさ(手首から指先まで)が18cm、ラケットの長さが68.58cm(27インチ)、ただし、ヘッド先端からサーブで打てるスイートスポットの最上部までの距離を考えるとマイナス約10cmといったところ。(分かりやすいようここではcmで計算します。)


138 + 73 - 18 + 68.58 – 10 = 251.58 (cm)

身重170cmの人が直立した状態で、ラケットを持った手を真上に伸ばした形でサービスを打てるボールの位置を考えると 251cm(2.51m) 程 ということになります。

つまり、空気抵抗等を全く考えなければ 10cm程度ジャンプすればいい という事でしょうか。

ただ、この計算はネットの先端に触る位、サービスボックスの先端のラインにかかるかどうか位での計算ですし、打点や着地点が左右にブレると角度も変わります。実際は10cmよりはるかに高いジャンプをしつつ同時に空中でこの角度でボールを打てるように調整する必要がある気がしますね。

また、10cmならちょっとジャンプする位ですが、サーブで20cmはそれなりに飛んでいる高さだと思います。それでも計算上で入るかどうかという事で考えると、ジャンプしないでも、距離感の誤差を吸収しつつ入れやすい回転系のサーブを打てる技術の方がはるかに意味があるのは改めて言うまでもないかもしれません。(ストロークでトップスピンをかけるのは距離の誤差を吸収しつつ思い切って打てるからですし。)

男子プロ選手でもほぼ回転しないフラットサーブを打つのはカルロビッチ選手(211cm)位な気がしますから、スピード重視で無回転(?)にこだわるのは意味がない気がしますね。