読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ジョコビッチ選手のラケット in ローマ (テニス)

ローマ大会、錦織選手との準決勝中、「ストリングが切れてるよ!!」とラヒアーニ主審に言われたジョコビッチ選手がラケットを交換するためベンチに戻りますが、その際、ストリング(ガット)が切れたラケットがアップで映ってました。

普通、ラケットは選手の手元に置いてあり選手がベンチに居ると撮りにくいです。撮るにはラケットが見える所に置いてあり選手が離れた瞬間かアクシデントの時位しかないので珍しい画です。(情報を見せないためかラケットを交換したらすぐ仕舞う選手が多いですし。)

 


youtu.be


ラケットフェイスの内側に左右の下から上 (時計で言うと4時から2時位までだけどちょっと下側が多い?) までウエイトが貼ってありますね。ヘッドを効かせるというより、下側に多く貼って振り始めの威力を高めたり、面ブレを防ぐ感じなんでしょうか?

ストリングを見ると縦は白色、横は灰色っぽい色に見えますね。

ジョコビッチ選手が張っているストリングはなんだろうと思ってネットで調べたら、

Babolat VS Team Natural Gut / Luxilon Big Banger Alu Power Rough 59/56lbs

と書いてありました。

http://www.colinthestringer.com/pros-strings/


縦ナチュラルのメーカーが違うもののフェデラー選手と同じ組み合わせのようです。でも、フェデラー選手は48ポンド/45ポインドで張ってると書いてあるので、ジョコビッチ選手はかなり固めに張っているということのようですね。

 

 

follow us in feedly