lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

両手バックハンド 両腕の形はどうしよう (テニス)

私は片手バックなのですが、経験値として最近両手バックの打ち方について考えてみたりしています。両手バックを誰かに教わったことは全くないのですが、体の使い方の学習の一環として興味があります。(練習中に両手バックで打ってみたりしてみたいですし。)

個人的な取り組みだけなので現時点で正しい正しくないは一切分かりません。やってみる中で色々情報を見ながら確認してみようかなとは思います。

以下右利き前提です。

グリップについては右手、左手でそれぞれ握り方がありますが、個人的には右手は片手バックと同じセミウエスタン位、バックはウエスタンよりも少し薄い位が一番振りやすいですね。

プロ選手で言えばナダル選手位でしょうか。

最近は、両手を離して握るグリップや、面を伏せずオープン(スライスのように面が上向き)な形でテイクバックする方法も増えてきているようです。オープンでテイクバックする場合は右手のグリップはコンチネンタル位薄い方がいいとか聞きました。

マレー選手は両手ともかなり薄いですし、両手はやや離れていて、左手はグリップからはみ出してスロートにかかっています。

マレー選手のバックの打ち方は独特ですね。高い位置からまっすぐ押し出すようにラケットを振りぬくスイングで、このグリップの形は関係ありそうです。

ジョコビッチ選手は右手はイースタン位、左手はセミウエスタン位でしょうか。

ジョコビッチ選手のバックハンドはスムーズでミスしづらそうに見えるので、この位のグリップが標準としてはいいのかもしれませんね。


グリップを決めた所で少しスイングを試してみますが、素振りを繰り返した中では、ラケットの振り方としてはバットを振るスイング、若しくはゴルフクラブを振るスイングをイメージしてみました。(なにせ知識がないので。)

その中で気になったのが『スイング中の両手の形』です。

野球のスイングで考えると、テイクバックからスイング中は両手はラケットのグリップ部を頂点とした五角形(将棋のコマみたいな)で両肘もやや曲げてリラックして懐に余裕がある形です。(私は片手バック同様、バットのようにラケットヘッドも立ててテイクバックします。)


そこからのインパクトの形としてあるのが、1つは、右と左の肘が伸びて三角形の形でボールとインパクトするものです。こんな感じ。

野球ではバットとボールの接する面積がとても小さく且つボールに力を伝える事が目的なので、インパクトからフォロースルーにかけてこういう形になるのは理解できます。ただ、テニスではボールに回転をかけなければならず、力の伝わるインパクトが点になってしまうため両腕が三角形になる形はよくないかなと思いました。


別の形として、インパクトで肘を伸ばさず、やや曲げた5角形の形を維持する打ち方です。

パイレーツのMcCutchen選手

バリー・ボンズ選手もこの形

実際で言うと、両手が三角形になるのも、五角形を保つフォームも打ち方及びグリップの握り方(※)によって変わってくると思うのでその差は微妙なものだと想像します。ただ、野球選手のインパクトを見ると圧倒的に五角形を保っているケースが多いので、その方が力みもなく力を伝えやすいのだろうと思います。

※後ろ側の手 (右打者なら右手) の握りが厚いと、肘の内側が上を向き、肘が曲がり体に近い位置でボールを捉える事となる。右手が前に出ないから左手も体に近い位置でインパクトする事になるのかなと。この握りで腕を伸ばしてしまうと力が入らなくなる。

両者を例えると、振り下ろして叩きつけるバッティングと、レベルスイングで最後にバットを持ち上げるようなホームランバッターのスイングという感じでしょうか。

この点を含めて再度プロ選手のインパクトの形を見ると、皆、懐の五角形は保った形でインパクトしています。




もうひとつ両手バックのスイングについては、いつも拝見している Essential Tennis.comさんの動画で、解説のIANさんが『バックハンドで威力を出すポイントとしては、スイング開始時の左手の引きとスイング途中で主となる手が入れ替わって右手側が前に出てリリース(開放)する事』とおっしゃっていました。

youtu.be


この形は、野球のバッティングやゴルフスイングとも共通点があると解説されています。

youtu.be


ゴルフのスイングでは構えた際の三角形を崩さないようにテイクバックからスイングしているように見えますが、実際は肘を内側に曲げ伸ばしするし、IANさんの言うようにインパクト後に両腕の入替えを行っています。(三角形維持したままだとスムーズに振れませんからね。)

片手バックだと腕の伸ばした所がインパクトの位置になるのでだいぶ違いますね。両手で持っているから打点が片手バックよりも手前なのだと思っていましたが、肘に余裕をもたせる事でもより打点が体に近くなる要素があるのだろうと思いました。