lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

大豆粉を試してみる (生活)

スーパーで期限切れ間近の大豆粉を半額で売っていたので、糖質制限のトライアルとして試してみようと思いました。

使ってみたのはマルコメ ダイズラボの大豆粉。容量200gで通常は240円位なようです。

www.marukome.co.jp


まず試してみたのがお好み焼きです。

ただ、ネットで調べると大豆粉を使ったお好み焼きは「固まりにくくひっくり返すのが大変」「固まりにくいのでつなぎが必要」という感想が多いようでした。製品に書いてあるレシピは、大豆粉、だし汁、卵、山芋すりおろしを入れるとあります。

まずはレシピ通りに作ってみましたが、ある程度焼けているように見えても、ヘラ等を使ってひっくり返すのはボロボロと崩れてしまい無理そうでした。

f:id:a-londenion:20160506080001j:plain

火加減を調整しながら時間をかけて片面を焼き、フライパンを振ってひっくり返せましたが、出来上がったお好み焼きは山芋を入れたことでフワフワ感は出ているのですが、箸で持つとボロボロと分解してしまう位です。食感自体もボソボソで大豆の風味もあるので、ソースやマヨネーズをかけて味をごまかしてもかなり「美味しくない」という感じでした。(小麦粉の代替品感が半端ないです。。)

f:id:a-londenion:20160506080016j:plain


2回目は、水の量を最低限にして卵を2個に増やしました。キャベツの量も多くして、キャベツを卵でとじた感じに大豆粉が入っているようにできないかなという考えです。でも、結論から言うと前回と大差無かったです。

焼いてみると、前回よりも生地も固まりやすくヘラでも何とか生地を持ち上げられる位には焼けました。でも、食べてみると、前回よりまとまりはあるもののボソボソの食感は相変わらず、やっぱり「美味しくない」です。大豆粉自体が固まる要素が薄いのでどうしてもまとめるのは他の食材に依存する事、膨らむフワフワ感と生地をまとめる事を考えると卵と山芋だけでは弱すぎるという感想でした。多分、劇的に美味しくするのは難しかなと思うので、一旦、お好み焼きは諦めます。。

 

次に試してみたのが、パンケーキです。

材料は、大豆粉、砂糖、ベーキングパウダー、牛乳、卵です。糖質制限には砂糖を使うのは避けたいのでパルスイートを使いました。焼き上がりに大豆の風味が出るのはお好み焼きで分かっているので、生地にバニラエッセンスを加える事にしました。

結論から言うとお好み焼きよりもかなりマシな出来上がりです。

f:id:a-londenion:20160506080405j:plain


ベーキングパウダーを入れているので膨らんではくるのですが、小麦粉程のふっくら感はなくボソボソ感はあります。料理は違いますがそば粉で焼くガレットを生地を厚くして若干膨らませたらこんな感じなのかなぁと思いました。後、パンケーキも上手く焼けないとボソボソ感は出ますからね。

f:id:a-londenion:20160506080418j:plain

砂糖による甘みの付け方にもよるのでしょうが、ボソボソ感もあり、何も付けないとそこまで食が進みません。食べた際の水分量が足されればいいのだろうと考え、プレーンヨーグルトをかけてみることにしました。(ジャムやハチミツをかけるのも糖質制限からするとどうかと思うので。)

f:id:a-londenion:20160506080601j:plain

食べた際にヨーグルトの風味はだいぶ消えてしまいますが、食べた際のさっぱり感があり、ヨーグルトの水分が生地のボソボソ感を補ってかなり食べられる感じになります。レシピの分量はホットケーキ2枚分でしたが、ヨーグルトで食べれば1枚位は楽に食べられそうです。朝食等にさっと焼いて食べるにはちょうどいいかなと思いました。


[2016.5.10追記]
パンケーキを数回焼いてみましたが、上の写真よりもう少し厚めに焼いた方がベーキングパウダーの効果もありふっくらさが出るようです。大豆粉が焼けにくいので生になるのが嫌で薄めに焼いていましたが薄いとボソボソ感の方が目立ちます。火加減に気をつけて少し厚めに焼く位の方がよりパンケーキ感がでて、食べた際にしっとり感も出てきます。


大豆粉を使う理由は小麦粉の代替として我慢して食べる事でもないので大豆粉の良さをうまく使った料理がいいですね。

マルコメ ダイズラボ 大豆粉 200g 198円【 グルテンフリー 糖質オフ 】【コンビニ受取対応商品】

価格:213円
(2016/5/6 08:10時点)
感想(0件)