lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

動画: サーブのラケットワークについて (テニス)

いつも参考にさせていただいている コミュニティーみんラボさんの動画です。

内容は「サーブのラケットワークについて」


正直、ものすごく大事なポイントに触れられている貴重な解説だと思いました。

youtu.be


最初にサーブの打ち方を教わる際、ほぼ誰もが『背中側にラケットヘッドを落とした「ラケットダウン」の状態からサービス動作を開始する』流れで教わると思います。

このため、ある程度テニスを続けている人でも、多くが「サービスにはラケットダウンという動作が含まれる」「サービスダウンをしなければならない」と誤解しています。

解説の井本さんがおしゃっているように、頭上の打点の位置にラケットを持ちあげる動きを理解するために、初心者に対して「ラケットダウン」した状態から動作を確認させるのは全く問題です。理由は、サーブの複雑な動きを最初の段階から細かく説明しても理解が難しいからです。

ただ、実際にボールを打つサービスモーションを練習する段階に入ると体がどういう仕組みで連動し動いているか理解しなくてはいけません。(仕組みを理解すればOKで、サーブ中に細かく、今これが動いて次これが動いてと考える必要はありません。)

例えば、サーブは「外旋・内旋」「回外・回内」の組み合わせでスイングが行われますが、これらは自分で起こすものではなく、正しく体を動かせば自然と起きるものです。

また、トロフィーポーズの段階で肩付近にあるラケットは、予め、脇と上腕(90度)、上腕と前腕(肘 90度)、上腕と胸(180度)に角度を付けておいた事で、体を回して腕を持ち上げると、グリップ側から引かれる事により、慣性の法則からラケットヘッドはトロフィーポーズ位置に取り残され、スイング方向に後ろから追従する形になります。スイングは上方向なのでラケットヘッドは下方向から自然と追従する、これがラケットダウンの形になります。

理解すべきは、ラケットダウンの形は体の使い方により自然と(勝手に)起きるものなので、その形を予め意図的に作る意味がない ということです。(一連の流れの中で勝手に起きる形を流れを無視して予め作っておく理由がない。)

ラケットダウンに関する誤解である『ラケットダウン神話(?)』は、ストロークに比べてサーブのレベルが総じて高くなりにくい要因の一つになっていると思います。(スピードは合っても回転がかからない、バウンド後跳ねない等々)


また、解説の中で、井本さんが、External rotation、Internal rotation とおっしゃっているのはそれぞれ外旋、内旋の事ですね。肘に角度(90度)をつけることで、腕を振る際に自然と腕はしなり外旋が起こります。これが結果的に内旋に繋がる訳です。

また、一般に広まっているもうひとつのサービス神話(?)が『Pronation (プロネーション/回内)神話』ですが、トロフィーポーズからサービス動作に入る際、肘の角度が保たれていれば、手首を軸にラケットヘッドは体から離れる方向に外側に移動(回外)し、振り上げる肘から先の前腕、手首、手、ラケットがスイング方向に対し一直線に見える状態になります。外旋から内旋へ前腕を動かすわけですから、この位置にラケットが来るのは自然な形です。(前腕の動く方向に対し、ラケットやラケットヘッドが違う位置にあったらスムーズに振れない。)  回外が起きるので対になる回内(プロネーション)も結果的に起こります。

大事なのは回内も回外も意図的に起こしていないという事です。外旋・内旋も、回外、回外もラケットをリラックスしたままもって正しく体を使えば自然と起きるものです。意図的に起こそうとしたり、力を込めたりしてもラケットはスムーズに速くは振れません。スイング途中で力を込めてプロネーションを行ってもスイング速度には影響を与えません。試しに、目の前にある手の肘から先の前腕を回内方向に回転 (子供がやる「キラキラ星」の動作、柳沢慎吾さんのパトカーコントの回転灯?の動き等) させれば、その力の少なさがわかるはずです。

サービスモーションにおける体の使い方は、細かく見ると複雑なので、説明するのも、理解するのも難しいのですが、本来であれば、初心者からステップアップして、実際にサーブの打ち方を理解する段階で、このような体の使い方を理解しながらサービスを学ぶべきなのだろうと思います。

前述しましたが、仕組みさえ理解できれば、後は適切な位置にラケットをセットして、関節等の角度を保ったままリラックして振るだけです。ラケットを振ろう、ボールに当てようとする意思や動きが、サービス動作を「不自然でぎこちない特別な動作」にしてしまう要因だと思います。サービス動作も、人が日常で自然に行える動作の応用の中で行われるべきだろうと思います。

フォアやバック、ボレー等と違い、サーブでは相手のボールの勢いは使えず、0から自分の力をボールに伝える必要 があります。より体の仕組みを理解して動かす必要があり、結果、他ショットに比べてサーブに課題が持つ人が圧倒的に多い状況に繋がっているのでしょう。個人的にはトッププロですら体格や筋力を使った力技で打つ選手は多いと思います。逆に言えば、正しく打てれば他ショットより圧倒的に内容がよくなる伸びしろがあるのサーブといえるのかもしれません。それなのにサービス練習は的当て位でつまらないから他より圧倒的に練習時間が短い。普通にもったいないですよね。


follow us in feedly