読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

初心者から脱却したいなら予測は絶対 (テニス)

初心者からテニスを始めて少し打てるようになってくるとストロークを打ち合うケースが出てきます。コーチからの球出しなら打てるのに、実際に相手とボールを打ち合うとラリーが続かない、自分からミスしてしまうという事がよくあります。

何となくでも自分の技術不足だけではないかもと思うはずです。これには色んな要素が含まれていますが、その一つが「予測」です。

スクール等でレッスンを受けているとコーチから「準備を速くしなさい」と繰り返し言われると思います。もちろん本当に準備が遅いケースもあるでしょうが、多くの場合、単純に「速くテイクバックすればOK」という事ではありません。少なくとも私が習ったスクールでは言われなかったのですが、この「準備」には、そのきっかけや根拠となる「予測」が必要となります。

そもそも準備を速くしなさいと言われてこう思わないでしょうか?

「速くって言われても、いつ準備を始めればいいのかが分からないよー!!」と。


まず、初心者の方だと相手がボールを打ったのと見て、飛んでくるボールに合わせて追いかけ始めます。ゆっくりした山なりのボールなら何とか追いつけるでしょうが、少しでもボールの速度が速くなれば追いつけなくなるのは容易に想像できます。つまり「ボールに追いついていない」=「準備が間に合わない」です。

 

そこで、相手が打つ位置、打ち方、視線等を見て、予め、この辺にこんなボールが飛んできそうだと分かっていたらどうでしょう。予測通りなら相手が打った瞬間に動き出すことができます。相手が打ったボールを見ながら動き始めるのとでは「1秒」は違うでしょうか。予測に基いて動き出しているので、いつ動き出すとか、速いか遅いかは考える必要もありません。相手が何をしたら動き出すではなく、自分のタイミングで自然と動き出せます。


ストロークをミスする要因の一つは「準備が間に合っていないから」ではあるのですが、テイクバックのタイミングが遅いから、ゆっくりテイクバックしているから以前に動き出しが遅い事で1秒以上は無駄にしている訳です。

この「予め相手のボールを予測するかしないか」が初心者とその上のレベルとの一つの大きな境界線になります。これができない人はまず100%上達できません。(コーチの球出しを打ち返す技術だけはうまくなるかもしれませんが。。)

他の例として、スクールでダブルスの練習をするとします。自分は雁行陣の前衛です。後衛同士がストロークで打ち合う際、相手後衛が打つ時は前、味方が打つ時は後ろとポジションを移動するようにコーチに教わりますが、その通り、動いても前衛の自分はまずボールには触れないはずです。(相手後衛がコーチなら触れる所に打ってくれるかもしれませんが。) 後衛のラリー中ずっと前後の動きをしていて何か間抜けだと思わないでしょうか?  これも「予測」が関係してます。練習では後衛同士が山なりのボールで打ち合うでしょうが、そこで前衛の自分が前後の動きをやってもあまり意味がありません。偶然触れる機会を動きながらひたすら待つだけです。

逆に、味方後衛のボールがたまたま前後左右にブレて、相手後衛が体勢悪く返球したとします。これまでより面が上向きだったり、しっかり構えられず打つ場合もあります。こういう時、相手のボールは高さや勢いがなかったりします。この動きを見逃さず「予測した位置」に大きく前進すれば簡単にボールを決める事ができます。正直、大きく動くのはこの1回だけでいいです。(雁行陣では寧ろ相手前衛の攻撃を守る位置取りを大事にすべきです。つい攻撃の事ばかり考えてしまいますが、雁行陣で前衛がネットに寄って居ると相手前衛のポーチのボールはまず触れません。)

男子プロ選手のダブルスは強力なストロークを打つ選手ばかりで決めに行くショットなら140km/h位出ます。でも、前衛はネットに触れる位の位置まで詰めています。ベースラインからネットまで最短距離で約12m、140km/hで打ったストロークがネットに届くまで0.3秒位です。ボールが飛び始めた後に反応してラケットでコントロールするのはまず不可能です。反応できるは常に予測をしているからです。

例ではないですが、車を運転では「あの停まってる車の影から車がはみ出してくるかも」と予測しながら運転します。全く予測せずに急ブレーキを踏んだ時の停止位置が数メートル違いますね。あの感覚です。

レベルを問わずテニスでは全てのボールで「予測が前提」になります。予測を実践している人と実践していない人では、毎ボール毎に1秒のハンデができると思えばその必要性は明らかでしょうか。


例ではないですが、2010年前仏オープン3回戦のエナン選手vsシャラポワ選手の試合です。

youtu.be


この頃のシャラポワ選手は一時の不調から復活しつつある頃で強打を武器に相手を撃破していましたが、エナン選手にいいように試合を進められてしまっています。その要因の一つが「予測」です。

シャラポワ選手はボールを打つとコートの中央に戻り相手が打つボールを待ちます。明らかに相手が打ってから追いかけはじめるので、コートに端に追いやられていると返ってくるボールに追いつけなかったりします。

※シャラポワ選手について
シャラポワ選手はジュニア時代アメリカのIMGアカデミーでみっちり基本を叩きこまれたんだと思います。フォームや動き方などはものすごく基本に忠実です。(それこそスクールで習うテニスみたいな感じ) 正確も凄くマジメなんでしょう。練習風景を見ると基本的な動作を繰り返し行っています。ただ、不器用というか、試合になると動きが悪くなってしまう分を多少姿勢が悪くてもパワーで補ってしまう傾向があります。本人もそれが分かっていると思うので、試合になると基本より本能を優先している印象です。

逆にエナン選手は、自分がボールを打つ時点で、相手がどこに移動し、どういうボールを返球してきそうかを「予測」しています。相手の打つボールを予測する事の先を行っていて、相手が自分の思うようなボールを打つようにコントロールしている訳です。

また、エナン選手の打つドロップショットにシャラポワ選手は全く追いつけませんが、仕返しとばかりにシャラポワ選手が何度も打つドロップショットにエナン選手は余裕で追いついています。

シャラポワ選手はこの頃まだ今より姿勢が高く腰高でダッシュする際に地面をしっかり踏めていないでバタバタ足を動かす割に前に進まないのですが、両者の違いは明らかに相手がボールを打つポジション、姿勢、息遣い、ゲーム中の傾向等を見て、エナン選手がコースや球種を予測している(+思ったようなボールを相手に打たせている)からに他ならないと思います。(エナン選手はこの時全仏20連勝中位でしたが得意としている以前の部分)

相手を見てコースや球種を予測するというと難しそうに思うかもしれませんが、予測は日常生活で誰しもが行っている事でテニスではそれを応用するだけです。常に予測を行うだけでボールへの見方が変わり、予測の精度も上がってきます。予測を行うと、次にどこに返球するか予め考えておく事もできますし、その先にはエナン選手のように、相手に自分の打ちやすいボールを返球させるという考え方もできます。

この辺はボールを打つ技術の上達だけでは埋まらない部分だと思います。

テニス丸ごと一冊戦略と戦術(1) [ 堀内昌一 ]

価格:1,836円
(2016/4/28 04:49時点)
感想(8件)

テニス丸ごと一冊戦略と戦術(2) [ 堀内昌一 ]

価格:1,836円
(2016/4/28 04:49時点)
感想(6件)