読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フォアハンド、ラケットは何で加速させるか? 続き (テニス)

テニス

先日考えてみた


フォアハンドを打つ際、ラケットを『加速』させる要因は何か?


の続きになります。

前回は、ラケットを加速させるのは「遠心力」と「慣性」の組み合わせだが、体の回転で打つのでは体の中心からラケットの先までの距離(直径)が長すぎて速度が上がらないので、もっと距離の短い手首から先をうまく使う必要があるだろうという書き方をしました。


これに情報を補足したいと思います。


いつも拝見している「みんラボ」さんのYouTubeチャンネルの動画です。
質問を受けてのフォアハンドの運動連鎖について解説された物になります。

youtu.be


まず、ラケットの速度を上げる事に関して「角加速」という言葉を使われています。

「角加速(角加速度)」は物理の用語で、中心点を軸に等速で回転する物体が1秒間に円周上を移動して生じる角度の差を「角速度」と言い、この角速度の変換する割合を「角加速度」と言うようです。つまり、円運動している物体が加速する事というような意味でしょうか。

動画の中でも、肩を中心にラケットを振った場合のスイング速度に対し、途中の関節である肘、手首をスイング中に使用することにより、同じスイングでもスイング速度は加速すると説明されています。

これは前回書いた、中心点からの半径が大きくなるほど加速しづらく、小さくなる程加速させやすいという事と同じで、同じ肩から先の動きであっても、肘と手首の関節を使う事で加速が可能という事になります。(説明上、肩から先と言っていますが、体の回転運動もこれに含められます。)

つまり、体の回転を使ってストロークを打っても、薄いグリップで腕を伸ばしたまま振るようなスイングだと加速がしづらいという事です。といってもスイング中に肘や手首を少し曲げているだけでは半径が多少短くなるだけで効果は低いです。よく「ストレートアーム」「ダブルベンド」はどっちがいいという話が出ますが、腕の形というよりスイング中に関節のの曲げ伸ばしを使ってラケットを加速させる必要があるという事だろうと思います。


初心者への説明で手首は使わない方が面が安定するという物がありますが、適切に体の力を使ってスイングし、グリップは握らない事でスイングの遠心力にまかせてラケットを振れればスイング中にラケット面がグラつく事はないはずです。(特別な事ではなくて人が元々持っている体の機能として) むしろ手首を使わない(堅める)事でラケットの加速を制限してしまい、ボールの速度、スピンに対してはマイナスになると思います。

 

もうひとつは「伸張反射」という言葉です。

「反射」は体が持つ何も意識しなくても起こる反応の事ですね。「伸張反射」は骨格筋に引き延ばす力を与えると反射として縮こまろうとする性質の事のようです。

人は高くジャンプする直前に瞬間的に姿勢を下げて縮こまりますが、これは人は何かパワーを出そうとする際に無意識に伸張反射を起こすように過去の経験値から理解しているためで、この作用をフォアハンドのスイングに使うという話です。

テイクバックの状態から、体の方を先に動かしてラケットをテイクバックの位置に置き去りにする事で体から腕にかけての伸張反射を起こし、これをスイングのきっかけにするという解説です。


「伸張反射」はゴルフの理論的なんかではメジャーな考え方のようです。テニスでも体の使い方の説明にはよく利用されているようでした。

フォアハンドの加速という部分だけにフォーカスした内容なので、足や体の使い方も含めて考える必要はありますが、この2つはラケットを加速させる大きなポイントだと思いました。