読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

The Squash Shot / フォアのリカバリー系スライスショット (テニス)

錦織選手が2年程前から特にクレーコートでよく使うようになったフォアのリカバリー系のショットを分かるでしょうか。

コンチネンタルよりも薄いバックハンドイースタン位のグリップで手首を中心に円を描くようにラケットを回してボールを拾うスライスショットです。

錦織選手のショットの映像が見つからないのでフランスのマチュー選手の動画で。

youtu.be


打ち方がスカッシュのフォアハンドと似ているので海外では「The Squash Shot」と言う場合もあるようです。

tennis.com - The Squash Shot

この記事を読んで思い出しましたが、ベルギーの元世界No.1 キム・クライシュテルス選手がフォアハンドのリカバリーショットとして、足をスライドさせながらスライス面でボールを拾うのを得意にしていました。

youtu.be


フェデラー選手はフォアのドロップショットで相手を惑わすためにこのSquash Shot風のスイングを使います。

youtu.be


でも、錦織選手が使うリカバリー系のスライスショットはこのSquash Shotよりもっとグリップが薄くヘッドを効かせてひっかけるように打つ感じにはなります。(Squash Shotはスライス面でボールを押す要素が強いと思います。) でも、両者の明確な違いまではちょっと調べきれませんでした。

鈴木貴男選手がスライス面でボールを拾うテクニックとして一般向けイベントで説明している映像

youtu.be

映像では実際にボールを打つ際の手の部分が映ってないですが「錦織選手が試合で使う例」としてこの打ち方を説明されています。

何が言いたいかというと、鈴木貴男選手が説明されるナチュラルスピンサーブの導入で使う腕の使い方がこの打ち方と同じなのです。

youtu.be


私も練習していますが「外旋・内旋」「回外・回内」の運動連鎖を使って腕を振るにはこの動きをスムーズにできる必要があります。

フォアのリカバリー系ショットとしても使えますが、サーブを打つ際に大事な動作なので興味があったらこのスイングの仕方を練習されるといいかなと思いました。



follow us in feedly