読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ストロークのボール軌道 (テニス)

テニスのストロークはスピンをかけて打ちますが、ネットを超えて回転をかけて相手コートに落すのでボールが飛んで行く軌道のイメージをしっかり持って打つ必要があります。

ボールを打つ際、相手を2次元的(直線的)に捉えるのではなく、相手コートにボールが着地するまでを3次元的に捉える必要があります。どの角度にどの位の強さでどんな回転のボールを打ったら、どういう軌道で飛んでいき、相手コートの狙った場所に着地するか (付け加えるならバウンド後どんな跳ね方をするか) という事です。

ネットを越す軌道というと最初はこういうイメージを持ってしまいます。
ネットあたりが頂点になる打ち始めと着地点が同じような角度になる軌道です。

f:id:a-londenion:20160419014837j:plain


ただ、ピッチャーの投げる変化球をイメージすればわかりますが、飛んで行くボールが空気抵抗でスピードが低下するに従い、ボールに対する回転力が強くなり、ボールの周辺の空気抵抗に差が生じてボールが曲がり初めます。

youtu.be


つまり、スピンをかけて打った場合、打ち始めと落下する際のボールの角度は、両者の速度の違いからかなり差が生じます。ストロークでスピンをかける事に慣れている方には実感があると思いますが、スピンをしっかりかけて打ったストロークの軌道イメージは結構こういう感じです。

f:id:a-londenion:20160419015923j:plain


打ったボールが相手側の空間に向けてまっすぐ進んで行き、途中で進むスピードが落ちてくるに従ってグッと落ちる感じです。弧の頂点は相手側コートにあり、ネットよりもかなり先になります。

上の図はネットより高い位置(打点)で打つイメージなので地面と水平に近い打ち出しで最後の方で落ちている感じになっていますが、ネットより下の打点で打つ場合は極端に言えばこういう軌道になります。

f:id:a-londenion:20160419020338j:plain


ガッツリ打った際のナダル選手のストロークの軌道はこういう感じですね。(低い打点で打っているというより曲がりの大きい軌道で打っているという感じですが。)

youtu.be


ただ、打ち出し角度が高くなると、斜めに打ち出している関係上「角度」と「打つ強さ」の両方の意識が必要となり技術的に難しくなります。(角度が高くなるとより飛距離が出る。空に向かって打ちち出すからコートに収める距離感も掴みづらい。)

単純に言うと、ボールは高い所から落とした方が重力が増す分より跳ね上がるので、回転をあまりかけられない人でもロブ気味なボールでも高い軌道で打つと相手コートでは上方向に跳ねます。(最初の図のような軌道であっても。ただ、回転が弱いボールはバウンド後に前進していきません。)

一方、スピンをかけられる人が打つ場合はしっかり打ちたいならより高い打点で打った方がコントロールしやすいしコートにも収めやすいと思います。(どの位で打てば相手側で失速して落ちてくる感覚的にわかってくる。)

高い打点で打った方が攻撃的に打てるとか、ネットを越しやすいとか言われますが、スピンをかけるにも高い打点で打った方がコントロールはしやすいと思います。(もちろん、肩よりも高い打点で打つのは別の技術が必要になってきますから、打てる範囲で高い方がいいという感じでしょうか。)



follow us in feedly