読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

動画: WTAとATPのフォアハンド比較 (テニス)

Top Tennis Training - #1 in Online Tennis さんの動画です。


タイトルは「ATP vs WTA Forehand | Tennis Forehand Technique」です。 

youtu.be


ATPの男子選手は右利きならテイクバックで体の右側にラケットがセットされるのに対し、WTAの女子選手は背中からラケットが見える位置にテイクバックがくるという内容です。

WTAの打ち方は筋力の弱い女子選手が『フラットに近いボールの軌道で打つためこの形になっておりネットの低い所を飛ぶので安全性が低い』、ATPの打ち方は『より強いスピンがかけられネットの高い位置を通るので安全性も高く、テイクバックから打点までのラケットの距離が短いのでボールに当てやすい、またインパクトまでの時間も短いので速いボール、サーブに対応しやすい』等の特徴があるとおっしゃっています。

WTAの女子選手はスピン量よりもボールスピードを優先せざるを得ない事もありますが、ATPの打ち方はバウンド後もスピードが落ちずに進んでいくし、極端な角度を付けて打つこともできる利点がある。フォロースルーでは、ATPの打ち方では利き腕の反対側の肩付近にラケットが収まるのに対し、WTAの打ち方ではボールを持ち上げる意識から頭付近までラケットが来るとおっしゃっています。

なお、個人的には以前も書きましたが、女子選手は『スタンスに関係なく上半身が横向きになる場合が多く、上体が横向きになると手でラケットを引くしかないので、自然とラケットの位置は右肩よりも後ろに来る』形になると思います。男子選手は上体のひねりにより上体が横を向くので『肩が回っても顔は正面を向いています。単純な横向きとは両肩が回る角度の限界に違いがあり、ラケットも構えの位置から右肩付近で肩の回転に追従するだけで手ではほぼ引かないので、テイクバック時の位置は自然と右肩付近』になります。

ATPの打ち方の方がメリットが大きいのはほぼ間違いないと思いますが、何故WTA選手がこういう打ち方をするのかはちょっとよくわかりません。ただ、男子選手のテニスの進化は毎年もの凄いスピードで進んでいる一方、女子選手のテニスは「パワーテニス」の登場以外は20年前とあまり変わっていません。現No.1のセリーナ・ウィリアムズ選手ですら、男子選手と試合(3セット)をしたらTOP100に居る男子選手にはまず勝てないと思います。その位違いがあるのです。

初心者で始める際、教わる打ち方は、体を横向きにするWTA的な打ち方ですが、現代テニス、及び現代の道具(ラケット、ガット)をより活かせて、より簡単に打てるのはATP的な打ち方だったりします。この打ち方は正直性別関係ないと思うので、今WTA的な打ち方をされている方は、考え方を変えてみるのは自分のテニスをレベルアップする岐点になるかと思います。

解説にあるように、単に打ち方が違うだけ、体の右側にラケットをセットするという違いだけではないという点には注意が必要かと思います。


follow us in feedly