lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

007 スペクター (映画)

公開当時見に行けなかったのでレンタルで見ました。

感想は「うーん、つまらない」です。

Embed from Getty Images

 


ダニエル・クレイグ版の007は、彼専用のシリーズというか、お話が全て繋がっていて、今回のスペクターで彼の出演は終わりじゃないかと言われているのですが、「007 カジノ・ロワイヤル」「007 慰めの報酬」「007 スカイフォール」「007 スペクター」と来て、前作のスカイフォールと監督さんが同じなので確かに全体の雰囲気は前作と似ている気がします。

ただ、4作の中で一番と言っていい位つまらないと思いました。。

冒頭からものすごい数のエキストラを使った派手なアクションから始まるのですが、本筋の導入で冒頭から派手なアクションをするのはダニエル・クレイグ版を通じてのお約束という感じですね。

007映画ではお決まりなのですが、今回も最高につまらないのが

「何の作戦もなく単身、敵の本部に乗り込んでアクションしてただただ脱出する所」

です。


ミッションインポッシブル、ボーン・シリーズ等他のスパイ映画でも敵の本部に忍び込むのはお約束ですが忍び込み理由や目的があります。007シリーズでは、手がかりがないからととにかく乗り込むだけです。下調べもしないし、逃走の手配もしない、持っているのは銃と何かしらの装備1つだけです。

正面からどうどうと侵入して、すぐに敵に捕まって捉えられ、拷問されて、挽回して敵を殺しながら逃げます。全然理解できないです。。

いつも敵のボスとやりあうのですが、ボスは必ず日本のヒーローアニメよろしく延々と自慢話や昔話をしてボンドいたぶろうとします。結局、ボンドに挽回の機会を与えて逃げられてしまいます。いつもそうです。

今回は、敵本部への侵入が中盤にあるので、ボスが生き残っていて、終盤にMI6の元本部にボンドをおびき出してボンドガール含めて殺そうとしますが、ボスがわざわざ現場に来る意味もないし、仕留める確率の低い時限爆弾を使うのもクレイジーだし、ボンドの生死を確認もせず現場を離れるのも意味がわかりません。当然のように生き残ったボンドの追跡され、空中を飛ぶヘリをボンドはワルサーPPK(22口径??)の1発でエンジンを故障させ墜落させます。


世界の情報を全て牛耳ろうという巨大組織のボスがこんなヘマなやりとりをするのか思ってしまいます。。

ヒーローが悪者を退治するというストーリーは万国共通で単純明快な方がいいのかもしれませんが、それにしてもお金をかけた作りに比べて、ストーリーがひねりもなくお決まりの展開なのがホント残念です。

ダニエル・クレイグさんはホントかっこいいし、映画内のアクションシーン (カーアクションや乗り物を使ったアクションはかっこいい。逆に格闘シーンはセットをつきやぶったりする派手さはあるけど、戦い方はものすごくクラシカル) はいいとは思うけど、ストーリーよりそちらが見どころというのも悲しい気がしました。

毎度の事ながら、ボンドガールのレア・セドゥさんは雰囲気があってよかったですけどね。