読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

動画: ミロシュ・ラオニッチ選手のサーブの特徴 (テニス)

テニス

TennisUnleashed.net さんの動画です。

ラオニッチ選手のサーブの特徴を解説したものです。
このチャンネルは、選手の動画からラケットをコンピュータ処理で消したもので解説するのが特徴です。

youtu.be


先日も書きましたが、こちらのチャンネルのサーブ解説は少々疑問な所 (この動画でもラケットダウンすると言っている) もあるのですが、今回の動画でポイントなのは、

「ラオニッチ選手のサーブの特徴は『回外 (スピネーション / spination)』の大きさ である」

という点です。

トロフィーポーズからスイングを開始し、インパクトに向かう際、他選手のラケットヘッドはスイング方向の180度反対側からラケットが追従するのに対し、ラオニッチ選手は回外動作が大きい事で180度以上の位置までラケットが動きます。

f:id:a-londenion:20160412115245j:plain

トロフィーポーズのリラックスした状態からラケットが引かれれば、スイング方向と180度反対側の位置にラケットヘッドが来るのが自然ですが、回外動作が大きければ相応する反対側の動作である『回内 (プロネーション Pronation)』も大きくなるのは理屈です。

みんなが大好きな「プロネーション」です。

今まで気づかなかったポイントでしたが、そういう観点で見ると、確かにラオニッチ選手がサーブを打つ際、スイングに入る前、一瞬、回外動作によりラケットが「グン」と頭の上で周ります。(回外は上腕の2本の骨のねじれで起こるので、上腕を軸にグルっとラケットヘッドが回る感じ)

youtu.be


鈴木貴男選手も、サーブの基本は「外旋・内旋」、「回外・回内」の運動連鎖にあり、外旋と回外が起これば自然とラケットは戻ってきて内旋と回内を起す、サーブで威力を出すというと回内が大事だと、皆、力を込めて回内を起こそう、起こそうとするが回内は起すものではなく、回外動作の結果、起こるものであるとおっしゃっています。

回外動作が大きいとスイング方向とラケットヘッドの向きに角度差が起きるので、スイングに入った際にラケットがブレると思うのですが、おそらくラオニッチ選手は手首が柔軟なのと、回外動作時にやや手首を若干背屈させてバランスを取っている気がします。(手首の背屈で手の平側がやや上に向きラケット面も地面と垂直より若干インパクト面がを向くような感じになっている。)  もちろん意図的に背屈させているのではなく、回外の大きさから自然とそうなっているのだと思います。