lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

動画: 打点が高い=いいサーブ? (テニス)

いつも参考にさせていただいている Essential Tennis.comさんの動画です。

タイトルは「Does Being Tall = Great Serves?」です。

youtu.be

IANさんがジュニアに指導した際にその中の一人の子が言ったそうです。「自分はプロみたいに身長が6フィート5インチ(195cm)もない。5フィート6インチ(170cm)しかないんだ。だからいいサーブを打つのは無理なんだ」IANさんは言います「全くナンセンスだよ!!」と。

IANさんは、膝を付いた状態でしっかりとサーブを入れてみせます。「膝を付いた状態なら身長はせいぜい4フィート(120cm)。それでもきちんとサービスボックスに入れられる」

多くのアマチュアプレイヤーは肩の高さから水平に押し出すようにボールを打つ。でも、実際にレベルの高いプレイヤーは縦方向(上方向)にスイングする。4フィートの高さの人間がサーブを入れるには水平方向にいくら一生懸命打っても絶対に入らない。(ごくごく狭い空間を狙うしかない) 縦方向(上方向)にラケットを振ることでネットの上の空間を使ってサービスボックスに入れる とおっしゃっています。

基本的なサービスに関する勘違いへの指摘ですね。


鈴木貴男選手も、サービスの解説の中でトスの高さについて触れられています。

youtu.be


トスの高さはテイクバックからスイングに至るリズムに合わせて上げるもので、その感に無駄な動作や無駄な時間があるとトスを高く上げてタイミングを合わせないといけなくなる。リズムが適切であればトスを高く上げる必要は全く無い。

よくトスが低いからネットするというが、サーブにならない程トスが低い場合を除き、普通にサーブが打てる高さにあげているのであれば、トスの高さがネットに繋がる事はない。

また、別の動画になりますが、トスを高く上げるとトロフィーポーズでボールが落ちてくるのを待つ時間が発生する。よく「トロフィーポーズでタメを作る」とか言うが、停まった状態から再び動き出すにはものすごくパワーを使う。(注: 先日、書きました「慣性の法則」です。停止した物体はずっと停止しようとするし、動いているものはずっと動き続けようとする。)  サーブのスイングはトスから打ち終わるまで停止する事無く一連の動作で行う事が望ましく、一連の動作でスイングした場所に自然とトスが来るようにするためには、自然とトスはやや低い位に上げる形になるとおっしゃっています。

実際、プロでも高いトスを上げる選手はサーブに課題を抱えている選手が多いです。トロフィーポーズのタメについても、タメを作らないと良いサーブが打てないのであれば、クイックサーブを打つ選手は良いサーブが打てないという事になりますが、そんな事は一切ありません。

指導における「トロフィーポーズのタメ」という表現は、トスにより意識が頭上に集中してしまうことで、意識の薄い下半身が棒立ちになったり、グラついたりする事を矯正するためのもので、それが「停止しないといけない」という誤解に繋がっているものだと思います。また、トスを上げると落ちてくるまで待って来ないと行けないので、トロフィーポーズで停止する動きの方が感覚的にリズムが取りやすいのもこの誤解に繋がっていると考えます。

考えればわかりますが、ボールを投げる際に肘を上げたまま投球動作を停止する投手などいませんし、バレーのアタックも空中で打つポーズのまま停止したりしません。全て一連の動作の中で腕を振るのが自然な形だと思います。

テニスのサーブについてはトスを上げるという動作に行動が引っ張られているのが理由で、ルール上、違反ではありますが「ジャンプサーブ」を打つと考えればトロフィーポーズで停止するような事はできないはずです。