lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

動画: フォアハンドのテイクバックからインパクトのラケットの動き (テニス)

いつも拝見している「みんラボ」さんのYouTubeチャンネルですが、ものすごく参考になった動画の中の一つがこの解説です。

youtu.be


フォアハンドのテイクバックからインパクトまでのラケットの動き方について一般の方から質問された事に対する解説ですが、ポイントになったのは3:06からの解説です。

右手の3本の指(親指、中指、薬指)で輪を作るように(キツネの形)して、その輪にラケットをひっかけてその状態でスイングします。

私は、ボレーでもストロークでもラケットを強く握っている感覚があり、体をうまく使おうと思っても腕がうまく連動しない感じがあったのですが、これを見てやってみた所、ラケットを握らない感覚が実感できるようになり、腕の力が抜けてスイングがスムーズにスイングスピードも実感できるほど速くなりました。

ちなみにこの打ち方、やってみると分かりますが「スクエアスタンス等で体の横向きから打つ人にはできません。」 (^ ^;)

テイクバックでラケットがグラグラするし、振り始めからスイングまではなんとかできてもフォロースルーが取れないです。3本の指で持っているだけなので、単純に体の前でスイングの勢い通りに振り切ってしまう事しかできず、横向きからのスイングのように体の前方でラケットを止める事ができないんです。ラケットがグラグラしてしまい、フォロースルーが取れません。

つまり、横向きからボールを打っている人は振り出し(ラケットヘッドを寝かせるから手を握って支える)、及びフォロースルーでラケットを握っているということだと思いました。最初と最後でラケットを握りしめていては余計にスイングスピードは上がりませんよね。

この動画で解説されている「ラケットスイングを手や腕で操作しない」というやり方は、現代的なテニスの打ち方で効率的な体の使い方をせざるをないです。そうしないとできないので。

ちなみに、この3本指でラケットを持つやり方はサーブでも有効です。3本で持ってサーブのスイングをすると、今まで以上にラケットヘッドの可動が増えて、スイングスピードが上がる(物理的に速いというよりスムーズという感じ)のも分かります。

自分のグリップやスイングに不満の無い方でも、フォームはそのままでこの3本指スイングをやってみると発見があるかもしれません。

みんなのテニス研究所[みんラボ]

follow us in feedly