lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スピンサーブと頭上にボールを放るのは違いますか? (テニス)

ナチュラルスピンサーブにおける「外旋・内旋」「回外・回内」の運動連鎖についてまだまだ学習中ですが、よく言われるスピンサーブを打つコツの数々についてはかなり疑問を持ってます。

よく言われる背中側に落としたからラケットを後頭部側から右肩方向に振り上げる動き。ラケットを振り上げる際、体は正面を向いており、頭の後ろから背中を掻いている手を戻すような動き。。

海外の「スピンサーブの打ち方」的な動画でもそういう解説をよく見かけます。

youtu.be

 

以前も紹介させていただいた鈴木貴男選手の説明動画の中でも一般的な誤解の例として出てきます。

youtu.be


考えればわかりますが「正面面を向いた状態で背中側に回した手で引き上げて力が入るはずがない」です。

野球の練習で、自分の頭上に高く放り投げたボールを自分でキャッチする事がありますが、頭を上げて胸を上に向ける他は、普通にボールを投げる動きと何ら投げ方は変わらないはずです。

「何故、似た動作なのに、スピンサーブは上向きにボールを投げる動作と体の使い方が違うのでしょう」

サーブにおいて「外旋・内旋」「回外・回内」を組み合わせた運動連鎖を行うためには、体(脇)と上腕、上腕と前腕(肘)がそれぞれ90度位の角度を保ち、上腕と胸は180以上の角度になります。

ただ、スピンサーブを打つためには、スイング軌道は(右利きなら)右方向、且つ上方向に振りぬかないといけません。そこで思い浮かぶのが「スピンサーブを打つ時は体は横向きを保つ」と言われる言葉です。

横向きを保つ理由は普通「体を開かないため」と説明されますが、何故体を開いてはいけないかという点は結構曖昧だと思いますし、スイング中、いつまで横向きを保つかという点も具体的に説明がないと思います。

「外旋・内旋」「回外・回内」の動きでサーブを打つ際、(右利きなら)右肩後ろ側から右肩前に腕は振られます。フラット系なら胸は正面方向を向きます。つまり、スピンサーブに必要な横向きのスイングを得るには、この動きは変えずに体を横に向ければいいわけです。胸の向きが変わっただけでスイングの仕方は同じです。また、スピンサーブではスイング方向は横向き+上向きですから、必要な分だけ胸を上に向ければスイングの仕方は変えずにスイング方向を変えられます。

先ほどの動画に出てくるフェデラー選手のスピンサーブも胸が向いている方向に向かって右肩の後ろから右肩の前にラケットを振っているのがわかると思います。(背中側からこすり上げるではありません。)

youtu.be


なお、サーブは「腕を伸ばした長さ + ラケットの長さ」にある高い位置のボールを打ちます。また、この頂点で打っては無回転になるので回転をかけるために頂点に届く少し手前でボールを捉えますから、なおさらスイングは下から上になります。つまり「スピンサーブだけが下から上に振るという訳でない」という点を頭に置く必要があると思います。(スイングに至るラケットの動きではなくインパクト以降しか考えないから皆、上から下に打ちたがる。)


フラット系、スライス系、スピン系、同じような打ち方で体の向きを変えるだけで1つの打ち方で応用できます。(これは「ナチュラルスピンサーブ」の基本的な考え方)

一般に言われるような種類ごとに打ち方が違う(スライスサーブの打ち方、スピンサーブの打ち方)とは違うかもしれませんが、1種類の打ち方をきちんと覚えれば、色んな球種を打てる方が断然楽だと思いますね。

follow us in feedly