読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

トップバリュ ミーゴレン MI GORENG (生活)

3/16発売の「トップバリュ  ミーゴレン」を近所のまいばすけっとで買ってみました。

World Dining ミーゴレン MI GORENG

https://www.topvalu.net/items/detail/4549741001847/


お値段は税込105円です。

f:id:a-londenion:20160416214832j:plain


内容量は115g(めん90g)でペヤングあたりとほぼ同じ位の量のようです。

f:id:a-londenion:20160416215025j:plain


パッケージの作りは最近のカップ焼きそばと同様の作りです。紙製の蓋を途中まで剥がしてお湯を注ぎ、時間が経ったら反対側になる湯切り口部分の紙を剥がしてお湯を切る形です。

f:id:a-londenion:20160416215126j:plain

 

f:id:a-londenion:20160416215254j:plain

具は乾燥状態で最初から入っていて、内容はキャベツ(乳成分を含む)、にんじん]、調味料(アミノ酸等)、香料(小麦・大豆・えびを含む)等となっていますが、量はかなり少なめです。(キャベツも数切れという感じですかね。)

付属品として2種類のソースが付属します。液体ソースが味付け用、特性ソースが辛味用です。
f:id:a-londenion:20160416215501j:plain

f:id:a-londenion:20160416215613j:plain

出来上がりまでの時間は3分です。

f:id:a-londenion:20160416215646j:plain


お湯を切って、液体ソースをかけたところ。この状態でまずかき混ぜます。

f:id:a-londenion:20160416215701j:plain


このソース、濃縮されているせいで、かき混ぜた瞬間に匂いが「臭い」です。。

写真のようにまとまった場所にかけないで、ある程度、全体的に少しずつかけたほうがいいかもしれません。

特性ソースをかけたところ。再びかき混ぜます。

f:id:a-londenion:20160416220100j:plain


麺はこの価格帯のカップ焼きそばにありがちな感じです。

f:id:a-londenion:20160416220201j:plain


味ですが、液体ソースは、エビ(魚介?)粉末とナンプラーみたいな風味がします。ニンニクの風味とケチャップの風味も。濃厚な感じですがソース焼きそばのソースとは全然違いますね。十分、アジア圏のエスニックな風味がします。

特性ソースの方は、結構辛いです。食べた際にチリソースのような辛味があり、後味でトウガラシのような辛さがきます。まとまっていると結構辛味があるので、特性ソースも全体的に分散して入れた方がいいと思います。辛めではありますが、入れる分量を少なくした方がいいという程ではないです。程よい辛さで全体的に混ぜれば辛すぎてダメという事もないと思います。

値段も含めて、普通のソースやきそばに飽きているような方にはいいと思います。量もちょうどいいので、ちょっとお腹が空いたから食べようかという場合にはぴったりだと思いました。