lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

動画: 片手バックでスピンをかけるには (テニス)

いつも拝見ているTop Tennis Trainingさんの解説動画です。

タイトルは「片手バックハンドでスピンをかけるには」です。


Tennis One Handed Backhand | How To Get Topspin | Free Tennis Lesson


Top Tennis Trainingさんの解説の特徴は、割とオーソドックスなポイントを挙げられる事ですかね。その分、確認しやすい感じだと思います。

挙げられたポイントとしては、
1)インパクトに向けて必ずボールの下にラケットを入れること。
2)テイクバックではラケットを立てて手よりもラケット面の方が上にあること。
3)スイングの途中でラケットダウンする。
4)インパクト前後で親指側に手首を起す動きでヘッド側を持ち上げる。
※3,4はリラックスしていないとうまくできない。
5)フォロスルーでは胸を開き、返ったラケットヘッドがバックネット側に向く位に振り切る。
6)こうすればインパクト後のボールはスピン回転が加わり、上方向に持ち上がって相手側コートの狙った位置に軌道を描いて飛んで行く。

という感じでしょうか。

よく言われる「片手バックでスピンの威力を増すには」という場合に上がられるポイントを網羅している感じだと思います。


なお、個人的にですが、片手バックでスピンをかける際に大事だと思うのは、以下の3つがあるでしょうか。

1)ラケットが体を追い抜くイメージ
片手バックは力が入りづらいので、ラケットをボールを押すイメージから、インパクト直前でもラケット面が体や手(手首)を追い越さず、腕とラケットを同時に動かしていく人がいます。また、ボールに当てる意識から体もラケットと一緒に前に動いていってしまう人もいます。これだとラケットヘッドが効かないのでスピンはかかりにくいです。ラケットが体や手を追い越すという点はフォアでも言える事ですが、薄いグリップで片手バックを打つ人には(片手バックは逆手という事もあり)尚更起きやすいと思います。片手バックでは踏み込み足(右利きなら右足)でしっかり体を支えて止め、体をラケットが追い越し、打点以降は手をラケットヘッドが追い越していくように振れないとスイングスピードが上がりません。打点を後ろから見て更にラケットヘッドが前、斜め上方向に上がっていくのを見る感じです。片手バックは「振りぬきが命」なのでこれは致命的です。

2)インパクトで力をうまく伝える
片手バックは肩支点で腕を伸ばしていくので、フォアのように関節の可動の組み合わせで「ここが打点、それ以降はラケットのスイング方向が変わる」というポイントが作れません。打点の位置を意識しにくいし打点に力を集中するという意識も作りにくいです。このため自分なりの打点を意識し「打点に力を伝える」イメージを持つには、インパクトの位置でラケットを止める感覚が必要になります。片手バックの選手がバック側でリターンをする際、インパクトでラケットを止めているのを見ると思いますがこれと同じです。インパクトでラケットを止めてしっかりと厚くボールにラケット面を当てる。それ以降はスイングの別パートとしてリラックスしてフォロスルーする(フォロースルーまで力を入れ続けるのではない) のがボールに力を伝えるイメージとして大事だと思います。

3)ラケット自体を腕で持ち上げるのではない
片手バックハンドの導入時、手首を固定してラケットを地面との水平を保ったまま、腕でラケットを持ち上げるようなフォロースルーを教わります。(よく、(笠地蔵の)笠をかぶるようにとか、腕でのれんを持ち上げて店に入るようにとか言われます) ただ、これはクラシックな片手バックの打ち方で、「振りぬき」以前の問題だしスイングスピードも上がりません。

フォアでも同じなのですが、テイクバックからスイング開始、インパクトからフォロースルーで上がっていくまで、スイング中の手首の高さというのは実はあまり変わりません。これは脱力されたグリップは体の動きに引かれるままに追従するので、それ自体大きく動くことはないからです。

ボールにスピンをかけるにはラケットを下から上に振ると言われるので、スイング中の手の高さがあまり変わらない(ほぼ地面と水平に動いている)のとは矛盾しているように感じますが、実際はスピンがかかるのはラケットヘッドの動きによります。

脱力によりスイング開始時のラケットヘッドは手首より若干下の高さにあり、インパクトでは手首と同じ高さになり、インパクト後は手首を追い越し、手首よりもラケットヘッドは上に上がっていく、インパクト前後のこの10~20cm位のラケットヘッドの高さの移動でスピンがかかります。僅かな距離ですが、ラケットとボールのインパクトは0.004秒しかなく、ラケットとボールが触っていない時間にいくらラケットを動かしても当然ながらボールに力は伝わないです。逆に大きく動かせば動かす程、ラケットにボールが正確に当たらなくなります。

つまり、最小限のラケットヘッドの動きで当てるのが正確に当たりやすいし、腕全体でラケットを持ち上げるより腕は脱力して体を使って振る方が、及び、振り始めからフォロースルーまで力を込めて振るよりインパクトに力を集中するイメージの方が、スイングスピードが上がりスピンもかかりやすくなるのは自然な事です。

 

片手バックは習得が本当に難しいし、初心者がインパクトでボールにうまく力を伝えるイメージを掴むまでが大変ですが、ボールに力を伝える、ボールに回転をかける理屈はフォアもバックも基本の部分は同じなので、このあたりが分かってくるとプラスになると思います。「片手バックの打つポイントはこれだ!!!」と挙げられる「コツ」を追いかけるより、むしろ理解しやすいんじゃないでしょうか。

follow us in feedly