lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

『テニスと人を紡ぐ詩』さん (テニス)

最近YouTubeで知ったチャンネル及びブログ「テニスと人を紡ぐ詩」さんです。

 

tenitsumu.com


興味を持たせていただいた理由は2つあって、1つは解説されている内容が興味深く、挙げられているポイントに共感できる部分が多いことです。

youtu.be

片手バックハンドストロークインパクトで止めるというのは感覚的にすごく分かります。片手は打点の取り方が難しいのでスイングの中でボールを打とうとすると力が入れにくいので打点でしっかり力を伝えるという

youtu.be

スピンサーブについて。プロのフォーム等を見ると背中を反って、頭の後ろからラケットを振ってくるような打ち方もありますが普通の人には無理だと思いますし、怪我をしそうです。サーブは野球のピッチャーのように肩の後ろから前側(胸側)に腕を向かって振ると考えれば、スピンは体を横向きのまままっすぐ(ベースラインと平行方向)振ればスピンサーブに必要な回転方向は得られますよというような説明です。

それぞれとても参考になると思いました。

もう1つ興味をもたせていただいた理由が、ご本人のキャラクターです。

YouTubeで解説動画をアップされている訳なのですが、説明していて途中で話がまとまらなくなると撮影を何度も中断したり、アクシデント(サーブを打とうとして予備のボールを落としてしまったり、解説している内容通りにボールが打てない等)があって撮り直しや編集をせずそのまま動画を使っていらっしゃる感じです。


YouTubeで解説を載せておられる方に聞いた事があるのですが、撮影していても色んなアクシデントが発生するので何度も撮り直したりしますよとおっしゃっていたので、こういう撮り方、使い方をされるのは、ご本人の人柄を表しているんだろうと思います。

お姿や声、話し方がどことなくサンドウィッチマンの伊達さんに似た感じで、とても親しみを持てる解説だなぁと思いました。

ブログで質問に回答されている文章もご本人の個性がでていてわかりやすいです。

www.youtube.com