lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

安定してトスが上げられないなら持ち方を変えてみる (テニス)

サーブ時にボールのトスアップを行いますが、一般なトスのやり方としては「手のひらを上に向けて指の付け根辺りにボールを載せる形」だと思います。

ただ、このやり方だとトスを上げる際に肘や手首を動かしてしまいボールに回転がかかったりトスの位置が安定しない」も多いです。上手く上げられるようになるには慣れが必要です。

トスでは、手首と肘を使わず肩を支点にボールを垂直に持ち上げるようにトスを上げる。リリースポイントは肩より上で離す方が安定する等のポイントはありますが、試合等緊張した場面などはつい手首と肘を使ってしまいトスがブレてしまう事もあります。

最近雑誌等に載ることもあって特別な方法でもないですが、ボールの持ち方を変える事でこれらの点を修正する方法があります。

以下の3選手の動画を見てみます。

フェデラー選手

www.youtube.com

錦織選手

www.youtube.com

マレー選手

www.youtube.com


見比べると、一般的な手のひらを上に向けてボールを持つ形ではなく、「コップを持つような手の形で親指と人差し指の間からトスを上げている」ように見えます。

実を言うと私の好きなサンプラス選手もこれに近い上げ方をしています。(手のひら上向きとコップを握る形の中間位)

試してみればわかりますが、手のひらを上に向けると手首も肘の内側も上側を向くので両方とも簡単に曲がります。一方、コップを持つように手首を立てると関節の可動域が小さくなるので上向きに手首を使う事が難しくなります。肘についても手のひらを上に向けている場合は肘の内側も上を向かざるを得ないですが、コップを持つように手首を立てると肘も90度内側に起こす事ができ肘が曲がるのを制限できます。これにより本来の肩支点でトスを上げる動作に集中しやすくなります。(良い意味で小手先の操作ができなくなりますね。)

プロ選手がやっているからこれが正しいという事では決してないですが、手首、肘の動きによりトスが安定しないのであれば試してみるのは有りだと思います。

私はトスが安定しない事からこのやり方をやり始めましたが、特に難しい技術でもないし、感覚だけの問題で1ヶ月程で慣れました。こちらの方が勝手に関節の動きが制限されるのでやりやすいのかもしれません。

follow us in feedly