lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ボックス形状のラケットが見直されつつある (テニス)

トッププロが使ってるラケットのタイプを見てみる

プロ選手が使っているラケットが市販品とどう違うとか実際プロが使ってるラケットがどういうものかといった事に詳しい訳でもないのですが、男子TOP30選手のラケットを見てみると次のような感じです。

01.ジョコビッチ (スピード)
02.マレー (ラジカル)
03.フェデラー (プロスタッフ97)
04.ワウリンカ (VCORE TOUR G)
05.ナダル (アエロプロドライブ)
06.フェレール (ピュアドライブ)
07.錦織 (BURN95)
08.ベルディヒ (インスティンクト)
09.ツォンガ (ピュアアエロ)
10.ガスケ (エクストリーム)
11.ラオニッチ (ブレード)
12.イズナー (ウォーリアー)
13.チリッチ (プレステージ)
14.アンダーソン (REVO CX2.0 TOUR)
15.シモン (プレステージ)
16.ゴフィン (ブレード)
17.バウティスタアグート (プロスタッフ97)
18.モンフィス (ブレード)
19.ティエム (ピュアストライク)
20.トミック (ラジカル)
21.ペール (アエロプロドライブ)
22.トロイツキ (ピュアアエロ)
23.ソック (アエロストームタイプ)
24.フォニーニ (ピュアドライブ)
25.フェリチアーノロペス (ウルトラ)
26.カルロビッチ (ラジカル)
27.ディミトロフ (プロスタッフ97S)
28.シャルディ (Tfight)
29.ジョンソン (ピュアアエロ)
30.ベルッチ (プロスタッフ97)

ラウンド形状に近いラケットを使ってるのは、ナダル選手、フェレール選手、ツォンガ選手、イズナー選手、ペール選手、トロイツキ選手、フォニーニ選手、ロペス選手、ジョンソン選手の9人という感じかと思います。(BURN95はラウンドとは少し違う気がします。)

マレー選手やカルロビッチ選手のラケットはラジカルとなっていますが縦長でプレステージに近い形状に見えますし、ガスケ選手はエクストリームとなっていますがフレームはボックス形状のようです。(マレー選手もガスケ選手も昔から同じラケットをペイントジョブで使い続けているという話も聞きます。ワウリンカ選手のラケットもVCORE95のペイントジョブじゃないかという話も聞きました。)

 

ボックス形状の変化

なお、ボックス形状のラケットと言うと以前のプロスタッフやプレステージのように完全な真四角のフレームな印象でしたが、素材やラケット製造技術の向上や時代、テニスの進化等もあるのか、ラウンド形状の良さ等を追加し、フレームの厚みを増したり、フレームに丸みをもたせたり、外側と内側でフレームの形を変えたり(かまぼこ型、ダイヤモンド型)、スロート部がボックスフェイスはラウンドのようなハイブリッド型 (複雑になりすぎて2者混合のハイブリッドという言い方すら適当ではなくなってますが)等、旧ボックスとラウンドの間に様々形状のラケットが入る状況になっています。 

黄金スペック万能説は過去のもの

また、ラウンド形状の代名詞であるバボラの「ピュアドライブ」。黄金スペックという呼び方を産んだ初心者から上級者まで使えるラケットですが、長らくピュアドライブ一人勝ちだったラウンド形状の製品群にも変化が生まれています。

新製品の登場サイクルに合わせてスリクソンのREVO CVやウィルソンのウルトラのように飛び過ぎないラウンド形状のラケットが出てきました。飛びを犠牲にしている訳ではなく様々な技術によりがっつり打ってもコートに収まるコンセプトのようです。

なお、バボラはピュアドライブ、アエロプロドライブ以降、製品開発がうまく行っておらず新製品は不評、主力のピュアドライブ、アエロプロドライブもマイナーチェンジでしのいできた(ピュアアエロもマイナス評価が多い)印象なので、次のピュアドライブのモデルチェンジ(2017?)でバボラなりの次世代に向けた回答を出さないとかつてのプリンスのようにシェアを落としていってしまうのではないかと(勝手に)危惧してます。

ガット(ストリング)について

なお、今回は調べていないのですが、ストリングでは、ナチュラルとポリのハイブリッドを選ぶ選手が多いという話もよく聞きます。ナダル選手のようにポリのみを張っている選手は少数です。何故ナチュラルを入れるのかというとそれだけボールが飛ぶからですね。ポリと組み合わえるのは単純にはスピンをかけるためです。

プロ選手と一般プレイヤーを同じモノサシで考えるのは適当ではないのでしょうが、ボールをガンガン打つ人はラウンドに近いラケットにポリを選ぶ(切れやすいのもあるし)という印象なので、自分はそこまでじゃなく初心者からようやくしっかり打てるようになってきた所だよ、ガットもそんなにキレないよという方は、ボックス形状に近いラケットでナチュアルを張るというのも検討に値すると最近思います。

ナイロン製のストリングは3ヶ月に1回張り替えろと言われますが、きちんとしたストリンガーさんが張ったナチュラルなら半年使っても大丈夫な位でむしろコストパフォーマンスがいいかもしれませんし。

この所のラケットの進化に比べるとストリングの進化は少し落ち着いてる印象です。以前ならナチュラルに近い打感のナイロンガット、伸びない打感の柔らかいポリという進化の方向性でしたが最近は目立った動きがなく、ナチュラルガットは取って代わられている事もなく存在感を放ってます。つまり、敢えてナチュラルを選ぶという選択もあながち間違いではないんじゃないだろうかと思います。

 

  •  
  •  

 

ラケットにおけるボールが飛ぶ飛ばないということ

ラケットを「飛ぶ」「飛ばない」という表現をしますが、ただボールを飛ばすだけなら鉄板のようなもので打った方が飛ぶはずです。ラケットのフレームはボールに当たった瞬間、必ず「しなる」「ぶれる」といった現象が起こります。それがラケットからボールに伝わる運動エネルギーにロスを生む訳で「飛ぶ・飛ばない」ではなく「ロスが多いか・少ないか」と表現するのが正しいだろうと思います。

フレームが薄く、しなるラケットはボールを掴む打感がいい等と言われますが、ボールが離れるまで (0.004秒の間) にラケットのしなりが復元することはないので「グッと掴んでボールを飛ばす」「球離れが遅い」というは打感 (打った際に感じる感覚) だけの話です。しなるのは感じられても要はボールを飛ばす力をロスしているということになります。

この辺は「当たり前のように語られます」がその理解には疑問を感じています。

その上で、メーカーとしてはウィルソンのウルトラのように「ラウンド形状を保ったまま構造等を工夫して飛ばなくする」方向性と、Prostaff97のように「ボックス形状を保ったまま構造を工夫してボールを飛ぶようにする」方向性がありますが、時代が黄金スペックに偏り過ぎた揺り返しというか、飛ぶようになったボックス形状の方が打感もよく結果的に扱いやすく感じるのではないかと思っているわけです。

時代は「黄金スペック万能」から「打感のいい飛ぶボックス形状」へ

ボックス形状のラケットというとおじさんの懐古主義(このラケットじゃなきゃダメなんだよ)みたいなイメージですが、ラウンド形状のラケットに人気が偏った反省及びテニスの進化に対応するためという点も含めて、最近続いているボックス形状からラウンド側に機能を寄せたラケットを検討する意味はあると思います。

ラウンド形状のラケットを使う明確な理由があるのなら別ですが「飛ぶラケットを使って飛びすぎる。だからポリを張って飛ばなくする」と言うなら、飛ばないラケットを選ぶ のも一つの手ですよね。

ボックス形状はパワー無いじゃん。俺はボールの威力重視なんだという方は、プロが何でボックス系のラケットを好んで選んでいるか考えるのもいいと思います。飛び過ぎないしコントロールが良いから自分の技術の邪魔をしないからでしょう。また、最近のボックス系のラケットは素材や製法、スペックの見直しでだいぶパワーも出てきています。しっかり打っても収まるしコントロールもいい。興味ありますよね。

日本では人気がないですがウィルソンのブレードは使用選手も多いラケットだし、スリクソンのCXもかなり成熟が進んできてます。プロスタッフやスピードもありますからね。