lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

テイクバックで上体をひねるという表現について (テニス)

最近考えているのが「フォアハンドストロークをオープン(セミオープン)スタンスで打つ際に上体をひねって下半身と上半身の捻じれを作る」という表現についてです。

よく下半身と上半身の捻じれでパワーを産むと言いますが疑問点が出てきました。

例えば、両足と腰を正面に向けたまま上半身(肩)を90度回すと捻じれが出来ますが、上体をそのままに下半身を90度同じ方向に回すとスクエアスタンスと同じです。つまり「背骨を軸に上体を回すと上体はスクエアスタンスの横向きテイクバックと同じような形」になっています。

見方を変えると、ここからスイングすると「スクエアスタンスの人が横向きから体を回して 正面を向くのと似た動き」です。下半身との捻じれでパワーは出せるでしょうが下半身と上半身の連動が乏しい(両方が分離している)気がします。

そこで、思い出したのが、以前書いた「単に体を回すのではなく左右の肩を前後に入れ替える事で力強いテイクバックを作る」という点です。

youtu.be

顔と背骨の前面(胸側)に注目して考えると、単に上体を回した場合、正面を向いていた顔と背骨の前面(胸側)は回転に伴い横を向いていきます。(上体が横向きになる)

一方、顔と背骨の前面(胸側)も正面を向けたまま、この左右の肩の入れ替えを行うと、(右利きなら)右肩は後ろに下がり左肩は前に出ます。イメージ的には力士が突っ張りで左手を伸ばした状態、ボクサーがストレートを打った状態です。

上体を撚るという表現は、上体を回るというより、この動きにこそ原則にあるのだろうと推測します。

例がなんですが、もし、「目の前の人に全力でビンタをする場合、当然正面を向いたまま振りかぶると思いますが、上体をぐるっと回転させて振りかぶるでしょうか? きっと顔や背骨の前面(胸側)は相手(正面)を向いたまま、右肩を後ろに下げ、左肩を前に出した上体で右手を振りかぶる」 と思います。これは誰に教わるでもなく人が自然に行う動作なので力の出し方としては正しいはずです。

オープン(セミオープン)スタンスでフォアにテイクバックを取る際は、上体をひねるというより、左右の肩の入れ替えをつかって行うと言う説明の方がより合っているのかなと思います。

なお、ビンタでは相手は自分の正面ですが、テニスの打点は自分の斜め前になるので、顔と背骨の前面(胸側)は正面よりやや右側の打点方向を向く形だろうと思います。


こういう視点で見ると、各選手のフォアハンドの体の動きが違って見えてきます。


ジョコビッチ選手

youtu.be

ジョコビッチ選手はかなりしっかり左肩を入れるフォームにもかかわらず、腰の中心線の向きと顔(背骨)の向きが同じ方向を向いているのがわかると思います。

フェデラー選手

youtu.be

かなりオープンスタンスが顕著なフォアハンドですが、フェデラー選手も左肩がしっかり入っていても、顔と腰が前方向を向いてるのがわかると思います。

 錦織選手

youtu.be

錦織選手はテイクバックの右手の位置がかなり後ろ目なので上体の横向き傾向が強いようですが、テイクバックとフォロースルーまで顔が打球方向を向いたままブレない所にポイントがあるかなと思います。

選手によってフォームに違うものの直接的に両肩の前後の入れ替えだけで打つ感じのフォームは探せなかったのですが「顔と背骨の前面(胸側)がどの方向を向いているかに注目すると、上体がかなり捻られているにも関わらず、顔と背骨の前面(胸側)は正面方向(打点方向)を向いており、単に上体を回してテイクバックしているのではない」のが分かるかなと思います。

オープンスタンスなら腰と顔を結ぶ線は飛んで来るボールに向けたまま両肩の前後の入れ替えをきっかけに上体をひねるという感じかもしれません。だからテイクバックからフォロースルーまで顔がブレないのでしょう。

また、「ひねって上体を横向きとすると顔も横向きになるので顔を正面方向に捻って左目側からボールを見る感じになりますが、「顔が打球方向を向いたままテイクバックするなら正対した状態で両目でボールが追えるのでより正しい距離感で認識できる」メリットもあると思います。

 
なお、この上体の捻りに関する点は「ボレーにも言える」かなと思っています。


ボレーでは「横向き」を取るのか、「正面を向いたまま」打つのかという話がありますが、横向きになると打点が前に取れずボールに当てるのが難しくなります。一方、オープンスタンスで正面を向いたまま打つのでは時間の無い中なら仕方ないですが普通に考えればいわゆる「手打ち」です。

前述の左右の肩を前後に入れ替える動きはこの話題の答えに近いのかなと思います。

正面を向いたまま両肩を前後に入れ替えれば正面を向いたまま上体をひねったのと同じテイクバックが取れます。両目で見られるので相手とボールが見やすいですし、上体をひねる訳ではないのでテイクバック、スイングが短い時間で行えます。(想像すればわかるが上体を撚るのは撚る際も戻す際も時間がかかる) 横向きでもなく、正面向きでもない、「ボレーのテイクバックは肩を入れるだけ」みたいな表現で言われる事と近いのかなと思います。

「左右の肩を入れ替える動き」は個人的には指導としてほぼ見聞きしないのですが大事なポイントなんだろうなと最近や強く思っています。