読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

TDK Bluetooth ワイヤレスヘッドホン WR680 (ガジェット)

ガジェット

自宅でもiPodで音楽を聴きながら作業をすることが多いのですが、ヘッドホンやイヤホンのコードが家中のあちこちに引っかかってしまい不便に感じていました。

このためBluetooth対応のヘッドホンで探したのですが、このタイプの製品はまだ普及途中なのか選択肢が多くありません。正確に言うと中国製の3,000-5,000円程度の製品とBeats by Dr. Dre等のような有名ブランドの2-3万クラスの製品が多く、その中間(1万円前後)の製品が数が少ない印象です。

想像するにこの辺りの価格帯を得意にする(トップブランドではない所)メーカーが様子見で参入が少ないのかなと思います。BluetoothヘッドホンはBluetooth自体の普及が進まない(機器には搭載されているけど具体的に使われる事が少ない)のと、接続するプロファイル(接続手順)も主にiPhoneが対応するAACと主にAndroidが対応するaptXがあったりと製品選びも面倒くさい状況のようです。

色々調べて候補にしたのは、エレコムLBT-OH05WH (白と青の色使いがキレイでiPhoneAAC対応)と、パイオニア の SE-MJ561BT (デザインがキレイでシルバーと黒/金のカラーリングが高級感、AAC対応)、TDK の WR680 (発売時期が新し目で白と赤の色がキレイ)です。フィリップスの製品もあるのですが日本では一般的ではない気がして外しました。

www2.elecom.co.jp

pioneer-headphones.com

www.tdk-media.jp


結果、TDKのWR680を買ってみました。

パイオニアは「装着状態でスイッチがカタカタなってしまい作りが甘い」というレビューを見たこと、エレコムの方は、私は頭が大きいのでスライダーを伸ばして装着する必要があり、LBT-OH05WHは「スライダーを伸ばすとバンドとハウジングの間にコードが見えるのがかっこ悪い」ので外しました。

WR680については、出たばかりでマイナス面のレビューは無かったのですが、AACに未対応で基本的なSBCで接続する形になるためノイズやタイムラグがでないかという点が不安」でしたが製品のレビュー記事で問題ないような書き方でした。NFCで接続認証ができるようですがiPod (iPhone/iPad)では使えない機能です。Androidスマホなら使えるのでしょう。

で使ってみたのですが、実をいうとWR680はもう手元にはありません。(^ ^;;)

私が音楽を聴くのはiPod touch 4thなのですがこれと上手く接続できませんでした。

なにぶん古い製品のためBluetoothチップの相性などあるのかもしれません。手順通りiPod側で認証手続きをするのですが、接続できても聴いている(機器同士は目の前)と頻繁に切断してしまうし、一旦切断してしまうと再接続できなくなってしまいます。因みにスマホとして使っているiPhone6、他iPadでは問題なく使えました。でも、私にはiPod touchと繋げられないと使う意味が無かったです。買ってみないと分からないというは中々辛いですね。


以下はWR680についての簡単な内容です。(所有していたのは1週間程、使っていたのは2日だけなのですいません。)

[外観]

f:id:a-londenion:20160212013024j:plain
色はキレイなのですがパーツのプラスチック感がかなりあります。
f:id:a-londenion:20160212013119j:plain
素材も柔らかそうだし、結構簡単に傷が付いてしまいそうな雰囲気です。

f:id:a-londenion:20160212013149j:plain
パッドはこんな感じ。密着感はありますが夏場だと蒸れる感じかも。


f:id:a-londenion:20160212013643j:plain
技適マークがちゃんとあります。


f:id:a-londenion:20160212013910j:plain
スライダーもプラスチック製なのでガチャガチャと動かす感じです。

f:id:a-londenion:20160212014144j:plain
充電はmicro USBケーブルで行いますが、端子が少しイビツな感じなので付属のケーブルを使った方がいいと思います。手元のケーブルだと指すのが少しきつかったです。左側は電源スイッチ、右側は充電インジケータです。充電中は赤点灯、完了すると消灯します。

f:id:a-londenion:20160212014757j:plain
反対側は進むボタン、機能操作ボタン、戻るボタン。
右はNFCBluetooth接続時に点灯するインジケーター、左側はAUXジャックです。

f:id:a-londenion:20160212015126j:plain
ボリュームボタン、通話ボタンに付属するコードが付属します。


以下、スライダー調整とBluetooth接続手順の動画です。

youtu.be


音は高級感はないかわりに変に作ったような感じの音でもないです。いい意味で普通、値段相応という事なのかなと思います。

装着した際の着圧ですが、頭にかける部分にプラスチック素材が多いのでそれなりに高い方だと思います。1時間も装着していると耳にそれなりの負担があります。でも、私が普段使っているヘッドホンも同様なので標準的な感じなのかもしれません。