lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

カミラ・ジョルジ選手 (テニス)

今回の全豪でセリーナ・ウィリアムズ選手といい試合をしたことで、カミラ・ジョルジ選手の注目度が上がったみたいですね。

美人ですし、細身の体から打つ強力なショットを見れば印象にも残ります。

割りと上位選手(2016年1月現在WTAシングルス36位)なのですが、グランドスラムでも3回戦位まででテレビ等に映る機会が少ない事、イタリア女子はペンネッタ選手、エラーニ選手、ビンチ選手と強豪が多い事もありあまり目立ってもいません。

個人的なジョルジ選手のイメージは「サイボーグ化されたバービー人形」でしょうか。

もちろん悪い意味ではないですよ。 
細身ながら物凄く体を鍛えてある選手です。(ストーサー選手並み)

コーチはお父さんでセルジオさんとおっしゃるようですが、独特のヘアスタイルが印象的です。彼女の練習風景の動画にはいつも映ってます。(^ ^ )

youtu.be


彼女のプレイスタイルはとにかく強気です。
youtu.be


試合中は表情を変えず、常にエースを狙っている感じですし、打ち合っていても少しでもボールが短くなれば前に入って攻撃してきます。この辺りはハレプ選手にも似たプレイスタイルだと思います。

フォアよりもバックハンドの方が決定力があるように思いますが、フォアハンドは体の強さを使ってか、打ち込む際は上体をあまり捻らず正面を向いたようなテイクバックから叩いてくるので、相手から見るとどちらに打ってるかわかりにくいのだと思います。(高いボールを叩くような打ち方ですがベースラインからやってくるのはスゴイ。)

身長は168cmと小柄ですがサーブも弱い印象は(1stサーブ確率60%程)なく、スライスサーブもかなりキレがいいです。球勘がいいのもあるでしょうがボールに追いつくスピードが物凄く速く、ボールに追いついた際もどう打つというイメージがあるのでしょうが、しっかりコースを狙えるし、そのボールを相手がどう打ってそれをどう返すという先の先まで読めている気がします。

また、決めにいくショットを多用する関係で短いボールの判断、処理に慣れているのでしょうが、ネットに出てボレーで処理したり、短いボールをドライブボレーで決めるプレイも目立ちます。(短いボールをドライブボレーはハレプ選手も多用します。)


今後で言えば安定感と引き出しの数とかでしょうか。強気に攻めるといっても相手によって攻め方を微妙に変える部分は必要でしょうし、強気強気で行けば当然ミスも増えます。精神面で弱気になったりするタイプではないのでしょうが、攻撃的なプレイスタイルの中にも幅は必要なのかなと思います。

前述のイタリア女子3選手はベテラン(ペンネッタ選手、ビンチは引退へ)になるので、フェドカップ含め、今後のイタリア女子の中心選手になるだろうと思います。

follow us in feedly