lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スピンサーブのスイングを考えてみる (テニス)

攻撃的なセカンドサーブとしてスピンサーブを考えている人は多いと思いますが、私も含め、私の周りには「あ、これはスピンサーブだ」と思えるサーブを打てる人は残念ながら見当たらないので、実物を見てあれこれ考えるということができていません。

そこで、素人ながらに、回転系サーブの範疇でスピンサーブについても色々考えてみる毎日です。(ナチュラルスピンサーブを学習中ですのでその考え方の中で。)


多分、結構多くの人がイメージするスピンサーブの打ち方は「ボールを背中側に上げて、背中を反って、頭の後ろ側からラケットをこすり上げる」打ち方だと思います。
例えばこんな感じ。

youtu.be


でも、サーブを「投てき」「ボールを投げる」動作に近いと考えるなら、肘を90度に保ち、利き手の肩の後ろから前に、胸の正面方向に振る方が力が出るはずです。

youtu.be


つまり、フラット気味ならボールが飛ぶ方向に胸を向けてまっすぐ振る感じ、スライス気味なら(右利きなら)ボールが飛ぶ方向より右側に胸を向けてまっすぐ振り、ボールの外側を触る事で回転をかける感じです。どちらも体(胸方向)に対してまっすぐ振っているという点は同じで、ボールの当たり方は違ってもスイングの種類としては1つという事です。

同様に、スピンサーブはボールが飛ぶ方向に対して、真横に振る(ベースラインと平行に振る位)のイメージですが、スピンサーブでは「体の横向きをキープする」と言われますから、その言葉通りに体をベースラインと平行に立ったまま、肘の90度を保って体(胸方向)に向かってまっすぐ振れば、ボールが飛ぶ方向に対して横向きに振れるかなと思っています。

これに加えて、「上向き」という要素を加えるなら、ラケットを振り上げるイメージよりも「横向き」のまま、「胸を上に」向ければいいのかなと思います。胸が「上向き」になれば、同様に胸の方向にまっすぐ振るだけで、上向きに振っていることになります。この点でもスイングの種類が1つで済むという事になる気がします。

例えば、サウスポーのピッチャーが1塁牽制する際は胸を1塁側に向けたまま腕を振ります。ボークという反則になることもありますが、胸をホームベース側に向けた状態で背中側から腕を回して投げるようは速く、強く投げられないでしょう。

youtu.be


そういう事を踏まえて見てみると、TOP選手が打つセカンドサーブは、背中を反ったりしませんし、スイングの方向だけで球種を変えているように思います。(背中側に上げると明らかに球種がバレるのもあります)

ラオニッチ選手のセカンドサーブ

youtu.be


フェデラー選手とラオニッチ選手の試合

youtu.be


フェデラーが選手もラオニッチ選手もサーブが得意な選手ですが、2人とも常に胸を向けた方向にラケットを振っているという印象です。横向きから正面向きに肩を回転させる分を含めても、決して胸の向きと全然違う方向(背中側から頭の右側とか)には振っていないという事ですね。

何度も載せてますが、鈴木貴男選手のサーブにおけるスイングの誤解についての動画を見て終わりたいと思いますyoutu.be



follow us in feedly