lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

現代的な片手バックハンド 動画 (テニス)

現代的な片手打ちハンド

参考にいただいているTop Speed Tennis.comさんが「現代的な片手バックハンド」という題名の動画を上げておられました。

動画: The modern one hand backhand

youtu.be


「ワウリンカ選手のような~」という始まりでしたが、個人的にポイントだなと思った点は以下の3つです。

1)若干のクローズドスタンス

2)立てたラケットヘッドを振り出す直前に腰付近に付ける。

3)ラケットが遅れて出てきて、手首の回転に合わせてラケットヘッドが持ち上がる

片手バックでは「インサイドアウトのスイングで外側に向かって振るように」と言われますが、1と2でそれを実現しながらスイングのパワーが出せます。

動画を見るとわかりますが、腰付近にラケットを近づける際、ラケットのインパクト面が後ろのバックフェンス方面を向く位 (グリップエンドが手前側から見える位) になっています

これは、ただ「ラケットを腰に付けてる」という事だけでなく、腰からやや離した位置から肘を曲げてくる事で、フライングディスク(フリスビー)を振り出す際のような肘の曲げ伸ばしの動きを行うための準備です。

フライングディスクの投げ方

youtu.be

必ず腰にラケットが付かないといけない訳ではないですが、ラケットが腰から離れると振り出し位置が固定しづらくなるので、導入時は付ける方がやりやすいと思います。また、体にラケットが近いほど肘が曲がるので、肘の曲げ伸ばしを意識しやすくなるはずです。

なお、片手バックハンドを見てみると、ワウリンカ選手もフェデラー選手もこういう形からラケットを振り出しています。

フェデラー選手の片手打ちバックハンド

youtu.be

ワウリンカ選手の片手打ちバックハンド

youtu.be

地面と平行となっているラケットを腰の位置から振り出すと、肘の曲げ伸ばしに伴い、ラケットは地面と平行に進んでいきますから、インパクト前後から手首の返しをきっかけにラケットヘッドを上方向に振り上げる事でスピンをかけていく感じだと思います。

動画中に出てくる、「ラケットをまっすぐ押し出してラケット面で笠をかけるような旧来の形」と比べるとスイングのパワフルさ、下から上にラケットヘッドが持ち上げる動きがよくわかると思います。

動画: みんラボ 理想的な片手バックハンド

なお、以前にも紹介しましたが、みんラボさん動画の女子中学生選手も同様の振り始めを使っているように思いました。

youtu.be

この振り始めの形は、片手バックの導入にあたり、セットする位置や腕の動かす形がしっかりしている分、逆にわかりやすいのかなと思います。力を使う事なくスイングのしっかりさも出せますし。

後は、この振り出しと、インパクト前後のラケット面の作り方を組み合わえるのが大事でしょうか。スムーズに連携しフォロースルーまでできるようになれば、現代的な片手バックに近づけるような気がします。