lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

こういう引き出しを持つのもアリ (テニス)

BS朝日のテニス中継で解説もされている米沢徹コーチがジュニアに指導する動画を定期的に載せられているYouTubeのチャンネルです。

www.youtube.com


頻繁にでてくる練習内容は3つ程。

1つめはドライブボレーも含めた高い打点のボールを吹かさず叩くもの、2つめはぎりぎり届いたボールを地面スレスレからでも返球するというもの、3つめはネット際の落とされたドロップボレーを厚いグリップを使う事で切り返すというもの

高い打点で打つ

youtu.be

youtu.be


ギリギリでボールを拾う

youtu.be


ドロップボレーの切り返し

youtu.be


こういうのを見ると、「こんなのテニスの本質じゃない。変な指導をしてる人だ。」という人もいますが、片田舎のコーチが一人で唱えてる技術ではなく、元デ杯代表で、日本を代表する選手、デ杯、フェド杯、ジュニアを指導をされてきた方のものですし、これだけ多くのジュニア達が参加するキャンプで説明されているのですから、参考にするのは悪くないはずです。

マスコミが好きな米沢コーチがIMGで錦織選手を指導された云々はどうでも良いですが、高い打点で打つ打ち方、飛び込みざまにカウンターでバックハンドを打つ打ち方、球際をスライスで拾う打ち方等々、錦織選手が実際やるプレイにもこのあたりは見えるのかなと思います。

体の軽いジュニアだからやりやすいというものでもありますが、大人のテニス愛好家って基本的に自分が過去覚えた技術で進化が止まってしまうから、こういう引き出しを持つのは全然アリだと思いますね。

tennis.jp