lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

球威より精度 (テニス)

以前、ショーンボーン博士の『ショーンボーン博士のテニスゼミナール~テニスを徹底的に科学する』を読んだ感想を書きました。

lond.hateblo.jp


いちいち目からウロコな解説ばかりですが、最近改めて読んでみて思うのは、テニスで最も重要な点は、ボールの威力ではなく、思った所にボールコントロールできる事だということです。

野球では最初誰しもがホームランを打つこと(遠くに飛ばすこと)目指します。ゴルフではドライバーで少しでも遠くまでボールを飛ばしたいと思います。テニスでも、映像で見るプロ選手のように強力な回転のかかったスピードボールに憧れるのは自然な事です。強いボールを打てる方が勝つ気がしますしね。現にジュニア等への指導でも、とにかく強いボールを打たせる事を先に取り組ませ、コートに収める技術は後でもいいというやり方が多いようです。

ただ、テニスはコートの大きさが決まっており、この中に打ったボールを納めないといけないため、無制限にスピードを上げることは不可能です。また、相手との間にネットがある事で、殆どのケースで一旦ボールを上方向に打ち上げて相手コートに上から落とす軌道を作る必要があり、サーブも含めて相手に向け直線的に打てるケースは稀です。

つまり、相手コートに山なりの軌道で打ったボールを思った場所に自在に落とせる能力(ボールを思ったように操れる能力)が大前提で、スピードがあっても、オーバーやネットが多い、コースを狙えず相手コートの中央部分にボールが集まってしまうようでは、「何で自分はボールの威力は負けていないのに勝てないんだ??」となるのが目に浮かびます。

体を鍛えた選手でもない一般の愛好家では、スピードを上げるといっても限界がありますし、単に速いボールを打つよりも、1球毎に異なるボールを思ったコースに思った球種で返球する方がはるかに技術を要求されるのは容易に想像が付きます。

メーカーは、魅力的に映るボールスピードやスピン量をアピールするので、技量そってのけで、スピードやスピン量に目が行ってしまいますが、道具選びで大事なのは自分の技術を最大限発揮できる使いやすさで、道具でプラスになる分は期待せず、マイナスにならない組み合わせを考えた方が妥当そうです。

強いボールを打つのと安定してコントロールする事は一見矛盾しているようですが、全く方向性が違う訳でもないでしょう。正しい打ち方で打てば、安定もするし、6割位の力加減で打った方が逆に球威も上がるかもしれません。

要は「体をコントロールする事」ですから。

【送料無料】 ショーンボーン博士のテニスゼミナール テニスを徹底的に科学する B・b・mook / リチャード・ショーンボーン 【ムック】

価格:1,620円
(2015/11/11 21:25時点)
感想(0件)