lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サンプラス選手のサービスにおけるグリップ (テニス)

長い間、サンプラス選手のフォームを(個人で)研究してます。

注目される事がほぼないのですが、私が、サンプラス選手のサービスで特徴の一つだと思っているのが「グリップ」です。

一般に「サーブのグリップはコンチネンタルが基本」と言われますが、一言でコンチネンタルと言っても、手の大きさ、グリップの大きさで人それぞれで、フォアハンドで使われるような「ハンマーグリップ (手のひら(手首) に対してラケットを垂直に近く立てるように握る)」でもコンチネンタルはコンチネンタルです。

f:id:a-londenion:20151230123155j:plain

ただ、バトミントンのグリップを見たことがある方には分かると思うのですが、バドミントンでは立てた棒を、手の平部分を手首までべったり棒に接するように後ろから掴むようなグリップをするようです。

http://badminton-beginner.com/images/Grip_eastan.jpg

f:id:a-londenion:20151230124632j:plain


ハンマーグリップとの違いで言えば、「手のひら(手首)に対して角度を付けず、人差し指の付け根から手相でいう生命線に沿ってラケットに触れ、親指と人差し指や中指を近づけるような握り」でしょうか。

よく「手の中に卵を持つような握り」とかいう表現もありますね。
f:id:a-londenion:20151230125511j:plain

バトミントンでこのようなグリップを使うのは、回内等を含めたラケットスイングの可動域を広げ、且つシャープに振るためだと思います。(よく「スナップが効く」という表現をしますが、手首で発生できる力は極めて小さいので、これがショット全体のパワーに繋がる事はないそうです。)

なお、バトミントンではこのグリップをする際イースタン等で握るようです。確かに完全なコンチネンタルより少し角度をずらした方が握りやすいかもしれません。テニスで言えば、より薄い方にグリップをズラして握った方が握りやすいと言えると思います。

f:id:a-londenion:20151230130642j:plain

また、サーブのグリップでは、「小指から握るように持つ」と言われる事がありますが、このグリップはどちらかと言えば「手の上側(親指側)だけで持っているような感じ」です。卵を持つようにの例え通りで力は入れていません。手で輪っかを作ってラケットをその中に入れているような感じです。

試して見ればわかりますが、「小指だけをしっかり握った状態で手に付いた水滴を振り払うように手を振っても速くスムーズには振れません。」 つまり、小指に力を込めるハンマーグリップでサーブを打つとスイングスピードが上がりにくいとも言えると思います。(例ではないですが、ハンマーグリップでサーブを打つフェレール選手はサーブ時のスイングスピードがあまり速くありません。)


サンプラス選手のグリップに話を戻しますが、動画で見るとわかりますが、サンプラス選手がサーブを打つ際、手首とラケットにあまり角度がついていない(ハンマーグリップ的ではない)し、スイング後のグリップの形を見ても親指と人差し指で摘むように持っているのが分かります。今回説明しているようなグリップの握りです。

www.youtube.com


また、サンプラス選手のサーブと言えば、「高い位置で肘を残して回内させる独特のフィニッシュ」で、テクニックとして「肘を残す」という点を強調して解説される事が殆どなのですが、個人的にはこの「グリップ」によりバトミントンのスマッシュのような体の使い方をしている事で肘が高く残る独特のフィニッシュになっているのだと思っています。

サンプラス選手は「Slam Dunks」と呼ばれる、ジャンプしながら打つスマッシュが有名なのですが、こちらの打ち方により、その特徴が出ていると思います。

via GIPHY

via GIPHY


比べてもバドミントンのスマッシュに動きに近いですよね。

因みに、サンプラス選手のラケットはProstaff 85ですが、ガットを張った状態で重量は「400g以上あった」という事です。

重量はあっても、バトミントンのラケットのように振りぬきのよい面の小さいラケットだからこそできる打ち方なのだろうとも思います。重量が軽くても100インチ近いラケットだとあれだけのスピードで振り切るのはなかなか難しいかもしれませんね。

follow us in feedly