lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フォアの逆クロスが得意ですか? (テニス)

いつもインプレ動画を拝見しているテニスショップ「ラフィノ」さんのYouTubeチャンネルで、先日、面白い動画が上がっていました。

youtu.be


ダンロップさんのやっているスイングラボ(※)の体験レポートという内容なのですが、スイングスピードの速さに対して、ヘッドスピードが上がっていないとデータに出た体験者(コーチ)に対して、解析を担当するダンロップのスイングドクター大森豊コーチがアドバイスを行うというものです。

重量やバランスが自分にあったラケットを使うと自然とラケットヘッドが前に出て行く(押す)ようになるが、自分に合わない、違和感があるラケットを打つ場合、「思ったより飛ばないな」とか、「思ったように回転がかからないな」という感想から自然とラケットの動きが悪くなる。

それとは別に、スイングした際に利き腕の肩と腕が先行してしまうといつまで経ってもラケットヘッドが出てこないので、シンプルに言えば「振り遅れ」になり、ボールがシュート回転してしまったりする。よく、逆クロスが得意という人がいるが、逆クロスが得意なのではなく、順クロスが打てないだけなのではないか? (振り遅れて打てるから逆クロスの方が楽と感じる) という事です。

ヘッドが出てこない(ヘッドスピードが上がらない)人への矯正方法として、イメージ的な部分もあるが、利き腕の肘を逆の手で抑えてヘッドを走らせる方法や、体を回すのを止めて肘から先を先行して前に出す動きを試す方法もあるという解説でした。


これを見て思い出したのが、先日も載せたみんラボさんの動画。

youtu.be


フォアハンドの運動連鎖について、「角加速」を上げていて、ヘッドスピードを上げる方法として、利き腕の肘部分を逆の手で止めてヘッドを走らせるイメージを上げておられます。

個人的には、ストロークの威力を増す方法としては、「スイングスピードを上げる方法」「ラケットヘッドの動くスピードを上げる方法」の2つがあるのかなと思ってます。また、スイングスピードとヘッドスピードによって発生するボールの威力は「速度」「回転量」に分配されると思います。

ここで言う「スイングスピードを上げる」というのは単純には「腕でラケットを速く引く」事。例えば手首を固定してラケット面をほぼ動かさない状態でも斜め上方向にラケットを振っていけばスピンはかかります。(初心者の方にスピンの導入を説明する際のやり方ですかね。)

ただ、仮に体の力を使ったとしても腕でラケットを引くスピードは限界があり、腕の長さ以上に腕は前方には行けない(打点より前には行けない)ので、腕の延長としてラケットの長さを使う必要があります。

つまり、腕の長さ以上に動作するのは、テイクバックからインパクト、フォロースルーまで3次元的に動くラケット(よりフォーカスすると「肩(もしくは体の軸)からの遠心力が一番効くラケットヘッド部」)がいかに大きく、速く動かせるかが、ボールの威力(速度 or 回転量)に反映されると思います。

ボールの威力を出そうとすると、ラケットを速く振ろう、速く振ろうとしますが、力を込めても思ったほど速くは振れないし、腕ばかり先行してもラケットヘッドが出てこないです。

もしラケットヘッドが上手く動いていない(上の例で言うとボールがシュートしたりする)のであれば、ラケットを速く振るという事よりも、ラケットヘッドを大きく、速く動かすためにはどうすればいいかという視点も大事なのかなと思います。