lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

知恵袋でのありがち質問 (テニス)

分からない事をネットで質問する場所として、今はYahoo!知恵袋が人気(昔はOKWaveでしたね)ですね。知恵袋のテニスカテゴリにも毎日多くの質問が乗りますが、まぁ、ありがちというか、知恵袋で質問する人は、同じような質問がないか調べない人が多いようですね。(回答待つより調べる方が手っ取り早いと思うのですが。)

知恵袋でありがちな質問は以下のようなものがあると思います。

1)オススメのラケット教えて。

「初心者です。テニス始めるので〜」

「軟式経験者です。今度、硬式始めるので〜」
「今使ってるラケットが気に入らないので〜」
 

色んな理由でオススメのラケットを聞く人が後を断ちません。新規質問の10件に1件はこの手の質問。

「私、車の免許取って5年です。運転は結構する方でスピード出すのが好きです。車を買替えるならどれがオススメですか?」

ネットでそんな質問されて答えられる人がいないですよね。
「自分が好きなの買えばいいじゃん」が答えです。(´・ω・`)

会ったこともない人から勧めらたラケットを買うんでしょうか?
自分自身で選んだラケットでなければ、使っていて生じた些細な不満を心から消す事ができず、「やっぱり他がよかったかも??」と心移りする事になると思いますけど。。
 
2)スピンのかかるラケット、ガットを教えて

1に近いですが、若い方を中心によりスピンをかけたいという欲求は尽きませんね。

回答としては、道具により付加されるスピン量なんで気持ち程度なので、ご自身のスピンをかける技術を磨いた方が余程効果がありますよという感じになりますね。

世の中に「これが世界で一番スピンがかかるラケットだ、ガットだ」という物があったら間違いなく殆どの方がそのラケットを買うはずですが実際はそうなっていない。メーカーはスピン性能をうたう様々ラケットを出しますし、三角形~八角形、表面に波形を付けたり、粒子を付けたり、ありとあらゆるガットが次から次にでますが、決定打はありません。その理由はシンプルに言えば「正解がないから」「そこまでの効果がないから」の2点だと思います。

ただ、質問される方は、シンプルに道具に頼りたいので、技術を磨く方が効果的だよというアドバイスには納得される事はまずありません。

これは不毛な質問の典型かもしれません。

そもそも今よりもスピン量が30%増えたら、勝てるようになるのかしら??

3)○○の打ち方を教えて。

「スピンサーブの打ち方教えて」

「フォアでスピンをかける方法を教えて」
「ボレーが上手くできる方法を教えて」

質問される方は、会った事も、フォームを見た事もない人が超能力者の如く自分を理解してぴったりの答えをくれるものだと期待しているのでしょうね。こういう質問をされる方の多くは、ご自身の情報(テニス歴、どこに不満があって自分ではどうしているけどうまくいかないとか)は十分に書いていない気がします。(自分で自己完結してるから相手に伝えようという所まで行かない。)

こういう質問の場合、質問者の状況がわからないので、回答側は、こういう場合ならこう、ああいう場合ならこうと、想定されるパターン毎に回答を並べていく感じになってしまい、回答内容も無限にありてしまい、結局、質問された側もどれがいいのかよく分からないやりとりになる事が殆どな気がします。質問する側、回答する側、両方にとって良いやりとりだとは思えませんよね。

そもそも「百聞は一見にしかず」のことわざ通り、文章でテニスの動きを説明する事は難しく、映像等で見た方が断然わかりやすいはずです。質問される側は自分は自分の事がわかっているので細部を端折って書きがちですし、回答する側も事細かに丁寧に書いたとしても、恐らくその思いの半分も質問者側には伝わらないと思います。

知恵袋で質問する際は、ポイントを絞って「ボレーで力まないコツ」とか「トスを安定させる際に気をつける事」とかシンプルに例を上げて回答できるような内容にする方がお互いのためだと思いますね。


4)どうやったらうまくなりますか?

漠然とした質問ですが、部活をメンバーの誰よりも頑張ってるけど周りについていけず、試合にも出られない、後輩にも負ける位で辛いですとか、スクールに通ってるけど上達しませんとか、そういう質問です。

これも3と似ていますが、その人を見てこともないのにアドバイスするのは難しいです。文面通りなら「練習してくださいね」という答えが一番あてはまってしまいますよね。

ただ、こういう質問をされる方は、活でもスクールでも練習量だけは多いのに上達しないという共通点」があったりします。(誰よりも練習してるけど上達しないとか、スクールには週2-3回通ってますとか)

この場合、上達しない理由として殆どのケースで当てはまるのは「自身の経験、もしくは周りの限られた環境の中で見聞きした情報だけでテニスをやっている事」ですね。

テニスは、人それぞれの勘や過去の運動経験で上達する部分は結構小さくて、初心者から一定レベルまで到達したかったら「テニスにおける、決まった体の動かし方、動き方、状況判断のパターン等々の知識を正しく理解して再現できるようになる事」が必要だと思います。

自身の経験や周りで見聞きした情報は正しいかどうか分からないふわっとした知識です。テニスにおいては長い期間をかけて世界中でものスゴイ数の人が研究した知識が蓄積されているのですからこれを学んでできるようになれば、誰でも一定レベルまでは上達する事が可能なはずです。プロや競技者になるのでなければ飛び抜けた運動能力も必要ありません。運動が苦手な人でも誰でもできるようになる程度のものです。

話が反れますが、同様の問題は野球でも言えます。少年野球等の指導をするのは野球経験者の親御さんだったり、良くてアマチュア野球で実績のあるコーチ等でしょうが、野球の場合、テニス程、運動科学等からアプローチが進んでおらず、指導される内容の殆どが伝聞や自身の経験に基づく知識です。(厳密に言えばアメリカ等では研究が進んでいるのかもしれませんが、日本では有名プロ選手の間でも様々意見が別れる位です。)

例えば、野球で「バットを振る際、アッパースイングはダメだ。ダウンスイングをしろ」という指導がありますが、何故、アッパースイングがダメでダウンスイングをしないといけないのが、指導される殆どの方が正しい根拠を示す事ができないと思います。理由は野球の指導が科学的根拠に基づかない長年の伝聞や経験からくる知識だからです。プロとアマの世界が隔てられていたり、プロでも才能だけでやっているような選手も多いはずなので、野球の世界ももっともっと科学的な研究が進むべきだと思います。

幸いな事にテニスにおいては研究が進んでおり、テニスにおける様々な動作、体の使い方は科学的に分析され、これが正しいと説明する事ができます。これを使わずに自身の経験や見聞きした情報だけでプレイするのは時間がもったいない遠回りをしているのと同じだと思います。


質問ではありませんが、知恵袋に質問される方で、回答にコメントを付ける方、ましてや回答の中からBA(ベストアンサー)を選ぶ方はものすごく少数です。質問の8割位は質問者からのコメントもなく、質問の締め切りがすぎて投票でBAが選ばれます。

BAを選ぶなり、回答が満足いかないなら質問を補足するなり、最悪質問を取り消すなりすればいいはずですが、投票でBAが選ばれるような質問は、質問者自身が回答も見ていない可能性も高いだろうと思います。これだと回答される方も報われないですよね。