lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ラケット 16x19と18x20の打感の違い (テニス)

ストリングパターンの違いに関する単純な感想だけ。

通常使ってるラケットはPURE STRIKE TOURで18x20のストリングパターンです。
それ以前に使っていたのはPURE STORM TOURで16x20でした。

PURE STIRIKEは元々フレームが硬めでしっかりしているのに加え、18x20のストリングパターンと重量(320g)もあり、ボールに打ち負けずにガッツリ叩ける感じがあります。その分、タッチショット系は気をつかうし、スピンをがっつりかけるのも難しいです。

これに、今年、興味もあって、Prostaff97 (無印)を追加購入して使ってみたわけですが、Prostaff97はPURE STRIKE TOURよりもフレームが柔らかい(若干しなる感じ。PURE STORM程ではないですが) 感じでですが、何より違いを感じたのは、ボールを捉えた時の何とも言えない「頼りなさ」です。(ストリングパターンは16X19。)

フレームが負けている訳ではなく、本当に当たった瞬間にほんのわずか「ぐにゃ」というか、ガットがたわんでるのがわかります。(張っているガット及びテンションは同じです。)

これは、純粋に16x19と18x20の違いが大きいのだろうなと思いました。

18x20のしっかりさ、相手のボールに影響されない感じに慣れてしまうと、割合しっかりした作りのProstaff97であろうと頼りない打感に感じてしまいます。(厳密に言うと、ラケットが異なるとは言え、ストリングパターンが異なる分、18x20に対し16x19の方が硬く張らないと打感が同じようにならないのだろうとは思います。)

もちろん慣れが大きいでしょうから、使っていれば違和感はなくなるでしょうし、16x19の方が有利な面もあります。(スライスが乗りやすい、ボレーのタッチも出やすい。スピンはあまり得意ではないのでそんなに変わらないかもだけど。)

320g近辺で18x20のラケットは選択肢が少ない(スピードPRO、プレステージ、CX tour 18x20版とか)ので、使える間は使っていきたいなぁと思います。

と言いつつ、PURE STRIKEは来年なくなっちゃうかもしれませんが。。

www.lafino.co.jp

follow us in feedly