lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

錦織選手のサーブ動画 (テニス)

Pierre SamsonさんのTennisAcademy101のチャンネル(YouTube)に錦織選手のサーブの動画が載っていました。今年のRogers CupなのでUSオープン前位ですね。

youtu.be


コメントできる程知識がある訳ではありませんが、見ただけで分かるのは、錦織選手のサーブのグリップがコンチネンタルよりやや厚め(イースタン位)ということですね。

また、トスからトロフィーポーズに向かう際、上体を撚る(肩を撚る)事がパワーに繋がる(フォームのスムーズさにも)という意見がありますが、錦織選手はトスを上げた際の両肩の位置(横向き)をそのままキープする感じだと思いました。(感覚的に言うと、すっとトスを上げてそのまままっすぐ打つイメージと言いますか。) 色んな選手のサーブのフォームを見ると、フラット系に力のある外国人選手や女子の選手はこのまっすぐ上げて、まっすぐ肩を回して、まっすぐ打つ感じが多い気がします。直線的にラケットが動くイメージ。グリップが厚めの選手も多いように思います。


一方、肩を捻ってトロフィーポーズを作る(昔で言うサンプラス選手は象徴ですが)選手は、フェデラー選手やラオニッチ選手あたりかと思います。肩を捻れば、ラケットを持つ肘の角度も取れますし、外旋/内旋-回外/回内の動作からラケットがスムーズに出てくるので回転もかけやすくなるように思います。サーブに技巧派が多く、こういうタイプの選手にグリップが厚い選手はいない印象です。

トッププロでも、肩を捻らず、まっすぐ直線的に打つイメージの選手は多いように感じます。多分、実践的にフラット系でサーブの威力重視ということなのかもしれません。

他に錦織選手のフォームで感じるのは、トロフィーポーズでの左右の肩の高さに差を作っている所でしょうか。意図的かどうかはわかりませんが、左右の肩に高低差をつけると、インパクトまでのラケットの距離が取れるので威力が出しやすいのと、ラケットを振り上げる際に左右の肩の高さの入れ替えが生じるので肩が回りやすくなるポイントになるようです。


頂点への道 [ 錦織圭 ]

価格:1,674円
(2015/11/11 23:34時点)
感想(9件)