lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フォアハンドにおけるラケットの遅れ(Lag) (テニス)

最近見ているYouTubeのチャンネル「Top Tennis Training - #1 in Online Tennis」で面白い解説が載ってました。

フォアハンドでテイクバックからラケットを振り出す際にラケットが取り残されて、手首とラケットに角度が付く「ラグ(遅れ)」についてです。

youtu.be


ラケットを立ててテイクバックし、腕や手をリラックスさせていれば、ラケットを振り出す際、バイオメカニカル的にラケットヘッドは取り残されて、手首とラケットに角度が付きます。

テイクバックでラケットをグリップの上に立てた体勢をパワーポジションと表現しています。

f:id:a-londenion:20151111075444j:plain

最後にフェデラーナダル、ベルダスコ等のストレートアームと、ダブルベント型についても触れています。(大きな違いはないですね。)

この打ち方は、まさに「今どき」な打ち方ですが、テイクバックが小さくで済むので準備が速くできる、大きく引かないので振り遅れない、打点まで近いので当てやすい等の特徴があるかと思います。逆に、スイングの移動距離が小さくなる事に対する懸念は、体の力を使って振れるのでむしろスイングは速くなる、ラケットのラグが発生する事でラケットが大きく動くので回転がかかる(というかこれがないとスピンがかけられない)、スイング幅が小さくなるので通常時と動きながら、どちらも余り違いなく打つことができる等々、メリットの方を大きくできる気がします。

特に、フェデラー選手が他選手よりパワーの小さいラケットで、且つあれだけコンパクトなスイングなのに、全く負けない強力な回転量が出せるのはこの打ち方によるものが大きい気がします。

ただ、プロの世界でもこういう打ち方が当たり前(フェデラーしかり、ナダルしかり、ジョコビッチしかり、錦織しかり)な感じですが、一般になるとこういう打ち方で指導を教わる機会が余りないので、自分で独自に工夫している人以外は、取り入れられてないケースは多い気はします。