lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

月刊誌 Tennis Classic Break 2015年12月号 (テニス)

今月の巻頭は開眼サーブ24のヒント。解説は前フェド監督の村上武資さん。
日本人はベスト10形式大好きですね。(´・ω・`)

内容はスピードアップのヒント、サーブの基本、スピンサーブ/スライスサーブのヒントと、村上監督らしいというか、王道な感じであり、基本よりちょっとレベルの上なコツをそつなくピックアップして解説してあります。でも、最近、テニス雑誌の特集に感じるようになった違和感。読者の目をひく「コツ」にフォーカスして基本は端折ってある。野球のピッチャーで言うなら投げ方を端折ってスライダーやカーブをより曲げるコツばかり列挙してあると言うか。想像するに読んでる人達はフォームが十分できてる人は結構少なくて、ただ、自分では結構できてるはず!! と思ってる人が多くて、ボールの威力の増すコツの方が直接的に知りたいだろうけど、土台が出来てないのに手先のテクニックばかり着目しても効果上がらないんだろうなと。(ゴルフ雑誌もそうですね。多くに意味のある基本をしっかり解説する事より、皆が興味ある(プロ等の)テクニック部分にフォーカス。だから、アマチュアのフォームはプロと決定的に違うままでレベルもなかなか上がらない。上達しないアマチュアが買い続けるからゴルフ雑誌は減らない。)

この点では、理論から来る基本の動きをベースに解説するテニスマガジンの方が参考になる気がします。(商売としては下手なのかもしれませんが日本のテニスの底辺を上げるには必要なのかも。)

片山翔プロのフォアハンド。片山プロ、ピュアドライブにしたんですね。アエロプロドライブのレビュー動画で「プロの間はずっと使いたいラケットですって言ってたけど。」(。・・。)

youtu.be


内容はストレートとアングル。しっかりラケットを使う片山プロらしい解説でした。


ダブルス処方箋。成功するポーチ。相手の体勢やポジションを読んでポーチするパターン。どれも基本だと思いました。


車いすテニスのウデ選手ハイテク車イスについて。国枝選手との対戦見てもウデ選手の車イスの特殊さは見て取れます。車イスというよりロードバイク的な感じ。日本の競技用車イスメーカーの方に話を聞いた事ありますが、だいぶ違いますね。


佐藤博康プロによるダブルス弱点克服術。ダブルスに絞ってるためか巻頭特集より具体的な気がしました。佐藤プロが普段から気をつけている事をあげてるというかそんな感じです。ボレーは前で取るほど確率が高くなる、リターンのコツあたりが参考になります。

新連載、プラスアルファテクニック。ダブルフォルトを防ぐために薄いグリップでのスライスサーブの導入という所。ラケットの可動域を広げるというのはいい解説と思いましたが、気になるのは「回内」を使うという表現回内使えって言われれば、インパクト前後から手首を使う事を考えるけど、スイングの一連の動作の中で「回外」が起きると自然と「回内」に繋がる。回内だけ意識するのはあまり意味がないかと最近思います。テニス雑誌の解説ではキーワードとして「回内を使う」はよくありますけどね。。

 
ケビン・アンダーソン選手のインタビュー。スリクソンの宣伝も兼ねてるのでラケットメインだけど、使用中のREVO CX 2.0 Tour 18x20は好みのスペック。18x20で315g超は少ないから気になってます。(今すぐ切り替える程ではないけど。)
 
安藤証券オープンの広告。日本で3番目の規模の国際大会ということでお客さん入ってほしい。

岡村恭香プロもでるみたい。

とっておきのショット。基本のおさらいでフラットサーブ。上に書いた事とダブるけれど、サーブ =フラットサーブが基本みたいな説明はあまり意味がない気がします余程技術に優れているか体格に恵まれなければフラットサーブなんて試合で使えるほど入らないです。回転系はほぼ必須なのだから最初から回転使う前提で教える方が理にかなってると思う今日このごろです。入門者にスクエアスタンスでフォアのスイングを教えるのも同様ですね。使う機会がないものより、実際に使うものを中心に教わるべきではないかと思ってます。

デルポトロ選手の記事。復活してほしいです。




Tennis Classic Break (テニスクラシックブレイク) 2015年 12月号 [雑誌]

価格:650円
(2015/11/10 22:04時点)
感想(0件)

follow us in feedly