lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ブシャール選手のフォーム感想 (テニス)

今季、調子のでないまま終わろうとしているブシャール選手の練習動画が上がってました。

youtu.be

 

特にフォアですが、テイクバックから打ちに行く際、スイングスピードが無茶苦茶速いので、上体が戻りきる前に肩をラケットが追い越しちゃって、上体は正面を向いた位からまわって行かず、腕だけが体の前を回ってきて、ラケットが左肩側に動いていきます。

打っている動画の印象からすると、正面を向いた状態でラケットが体の前をグルっと回っていく感じ (後ろが小さく前が大きい感じ)。元々ライジング気味に上から叩くのが特だから、全てのストロークで上から抑えこむような打ち方になってるように感じます。打つ際に上体の軸が前に傾いているのも特徴。(だから余計抑えこむような形になる。)

想像ですが、軸が前に傾いている事で、かえって試合の中でボールを打つ位置がつかみにくいのかなと。打てる所にくればライジングで体をかぶせて上から叩いていけるんでしょうが、左右に振られたり、前後に動かされた際に打点が合いにくいのかなぁと。また、打った際に時折重心が左側に寄ってしまっりも気になるでしょうか。

バックハンドはマレー選手の打ち方に似てますかね。左手をげんこつグリップで持って、面を当てて上から抑えこむようなラケットの使い方。

私は、あまり特徴的なフォームの選手は安定して上位に残れないと思っているので、去年の波に乗っている際は全く疑念もなくシンプルに攻撃できたんだと思いますが、一旦調子が落ち着くと安定感や応用の幅がない事が自分の首をしめてしまうのかと。

タイプが違いますがラドバンスカ選手も同様に思ってます。軟投タイプが悪いとは言いませんが、相手がハマってくる事を前提にしたプレイは、相手に研究されれば勝てなくなるし、特定タイプが苦手になりやすいです。

因みにラドバンスカ選手が苦手なのは、ミスを恐れずにガンガンコースをついてエースを狙ってくるタイプ。(代表格がリー・ナ選手)

ブシャール選手が苦手なのは、サーブ力とストロークの攻撃力からの速い展開でどんどん相手を振っていけるタイプですね。(代表格がクビトバ選手やシャラポワ選手とか)

2年目のジンクスではないですが、ハレプ選手も去年程は目立ちませんでしたし、今季序盤から試してるフォームの改造もあまり上手く言っているようには思えませんでした(サーブ改造とフォアもかなりラケットを振り回すようになった)が、持ち前のセンスの良さで苦しい中を勝ってきてはいます。(ランキング2位で、セリーナ選手が欠場のため最終戦にNo.1で出場)

ブシャール選手はコーチにも恵まれてなかったり、調子が上がってきたと思われたUSオープンも転んで怪我を追ってしまうなど運もない感じですが、余程いいコーチに巡り合わないと不調も長引いちゃうんじゃないかなと思います。(リー・ナ選手指導してたカルロス・ロドリゲスコーチか、クレバーな面を指導しそうなダベンポートさんとかどうかなと思いますが。)

follow us in feedly