lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

Windows 10 Mobile搭載スマホは6社から出るみたいですね

昨日、日本MSの平野社長が明らかにしたWinodows10 Mobile搭載スマホを6社が開発するというニュース。

k-tai.impress.co.jp


既に話が進んでるFREETELとmouse computer、発表してたサードウェーブに、acerVAIO、サードウェーブ、トリニティ(NuAns)が加わった形。

詳細は全く知らないけど、FREETELとmouseが日本MSに相談したけど、日和見で話が見えないから、米国と直接交渉する形で声高に手を上げちゃって、日本MSもWinodows10 Mobileがリリースされても国内は、これまでと同じくおおっぴらには何も語らないつもりが、FREETELとmouse (とくにFREETEL)の動きが強すぎて、日本MSにも色んな所から突き上げが来るから無視できなくなった。そこで、参入を発表してたサードウェーブに、端末持ってるacer、Andoroidスマホ参入で失敗してるVAIO、興味を持ってたトリニティと最低限の数をかき集めてリリースを出したって感じかと。

VAIOAndroidスマホの例を見ても社内リソース的にどこかと組まないとやれないだろうし、変にMVNOを通じて一般販売しても上手くコントロールするノウハウもないから、恐らく法人限定で、具体的な内容やスケジュールは言わないだろうと思ったけど、やっぱりその通りだった。出すかもしれないけど案件ベースの一括対応で、ほぼ一般には情報出てこない感じだと思う。まぁ、出す出す詐欺でずっと出ない可能性もあるかと。

acerもWindows10 Mobile端末はあるけど果たして国内で出すだろうかと。家電量販店等のチャネルはあるだろうけど、MVNO向けのチャネルはないだろうし、MVNOもやってる特定家電量販店(BICとか)限定で1機種だすとかじゃないだろうか。まぁ、そんなに売れる訳はないだろうし、次は続かなかいようにに思う。

トリニティは知らなかったけど、スマホのアクセサリー等を販売している所みたい。記事に載ってた端末サンプルを見たけど、デザイン系家電みたいな外見だった。アクセサリ事業の延長線上でスマホも扱ってみたいと思ってたという所だと思うけど、デザイン家電はamadanaあたりじゃないけど外見だけじゃやっぱりダメで、ハード面、OS面で差別化の難しいWindows10 Mobileだと難しんじゃないかと。かと言ってAndroidで作りこむのもある程度体力ないと厳しいだろうし。出すとしてもそれなりに高い価格でデザインにこだわった風(Appleとか大手みたいな品質は難しいだろうから)の端末を出す位じゃないかな。結局でないかもねとも思うけど。

今回、日本MSがLumiaを出しませんと言った事からも、よく言われるMS本社と日本MSの関係性(日本に主導権がない)がよくわかると思った。Surfaceは普通に人気だけど、日本MSが独自に仕掛けた訳でもなく、ユーザーはよく知ってて指名買いしてる感じだから、LumiaについてもSIMフリーでMVNOを通じて販売する手は全然あると思うけど、日本MSに事業としてグリップできる体制もないんだろうと思う。(中のエバンジェリストの方々はすごい人達なんだろけど、肝心な事を言わずに7.1の頃からずっとはぐらかされ続けてるからもうどうでもいいですって感じ。)

結局、今回の発表を受けても、日本のWindows10 MobileはFREETELとmouse及びサードウェーブ次第(日本MSは特に何もしない)という状況は変わんないんだなと。後ろ2社は撤退時期も含めて参入の可能性を探ってるだろうけど、FREETELは先の事は置いておいて、取り敢えず目立つように声高に参入して知名度やシェアを取っていこうという戦略に見えるから。まぁ、中国におけるシャオミやOneplus Oneと似た戦略なんだろうと。Windows10 Mobile参入がうまく広がらなくてもAndroid端末も売ってるし、知名度上げるにはいいチャンスという事じゃないでしょうか。上手くいけば法人市場にも喰い込めるし。(他にまともな選択肢がないわけだから。)