lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

炭水化物大好き?! (生活)

以前、炭水化物抜きダイットを実行しました。


食べるものから炭水化物を削っていく訳なんですが、「炭水化物」の定義がよくわからなかったので調べると「炭水化物 = 糖 + 食物繊維だという事と知りました。つまり、接収する糖質を制限するのと同意という訳です。かなりイメージしやすくなります。

食べ物には糖質が含まれているものも多く、糖質はエネルギーが高いので食べ過ぎると太る要因になるのは誰もがイメージできると思いますが、炭水化物が糖というイメージはなかなか持ってないと思います。両方入ってれば「合算でダブルで効く」というわけですね。

この事を知ってから、売っている食材の成分表の見た方が変わりました。以前ならカロリー量(300Kcalとか)を見て、あーこれはカロリー高いなぁといった感じでしたが、それに加えて「炭水化物の分量」も見るようにしています。

1)お好み焼き粉

私はお好み焼きが好きなので、自宅でもよく食べていましたが、市販のお好み焼き粉の成分表示。


エネルギー(kcal) 358

たんぱく質(g) 8.8
脂質(g) 2.3
炭水化物(g) 75.6

※100gあたり


つまり、成分100gの内、75.6gは炭水化物 (≒糖)な訳です。

市販の上白糖は大さじ1杯、9gだそうなので大さじ8~9杯分の砂糖が入っている計算です。びっくり!!


100gというと直径15cm位のお好み焼きが2枚程焼ける位ですかね。
市販のお好み焼き粉の作り方では100gを基準に作り方が書いてあることが多いです。


例としてお好み焼き粉を上げましたが、市販の小麦粉(薄力粉)や小麦粉を使った製品(パンケーキミックスとか)は大体100gあたり75g位の炭水化物が入っているようです。


2)うどん
外出時、少し小腹が空いたら食べるもので「うどん」があります。
うどんの成分量で見てみると、


うどん一玉(200g)

エネルギー(kcal) 247
たんぱく質(g) 5.8
脂質(g) 0.6
炭水化物(g) 54.6


ひと玉っていうと、お店でいうと小かな。
小のうどんをお店で食べると、麺だけですが、大さじ6杯分の砂糖が入っている計算ですね。

 

3)小麦粉原料系スナック
小麦粉をつかったお菓子というと某やめられないとまらないスナックが好きです。
その成分量。

一袋 90g

エネルギー(kcal) 437
たんぱく質(g) 5.9
脂質(g) 18.9
炭水化物(g) 60.9


一袋には大さじ6-7杯分の砂糖が入っている計算です。

というか、90g中60g (67%)が糖なんだ !!!!!

こう考えると、朝、パンを食べて、お昼にうどん、おやつにおせんべい、夜食にカップラーメンってやっていると一日にかなりの量の糖を取っているのがわかります。


ちなみに、今回調べた食べ物のメーカーWebサイトでは成分量を記載していないケースが多いようです。(商品には記載してるのにね。) 多分、Webで調べられて変につっっこまれるのが嫌なんじゃないかと。(商品には競争上、顧客対策上のせざるをえないから?)


炭水化物抜きダイットが正義っていう意見でもないですが、主食とも言える炭水化物系の食べ物の割合を抑えて、他の成分量を増やすのは大事かなと思ってます。

 
うどんとかラーメンとかチャーハンとかはそれだけで食事って感じですが、普通におかずの品数をどんどん増やしていくと案外炭水化物(ご飯含め)は少なくてもお腹いっぱいになりますからね。