読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ゴセイジャー VS シンケンジャー を見てきました。 (映画)

ホントはもうちょっと早くに観に行くつもりだったけど、公開当初は、観てるのがお子さんばっかりで恥ずかしい(笑)から、今の時期になりました。でも、時期的なことか大人でも1,200円で見られてラッキーでした。

www.kinenote.com


内容は、毎年恒例の新旧戦隊が出てくる映画版です。

「VS」 ってなってるけど、別にゴセイジャーシンケンジャーが戦うって感じでもなかった。
(去年のシンケンジャー VS ゴーオンジャーはちょっとそんな要素もあったような気がするけど。)

俺としては、すぅちゃんこと、アイドリング!!! 11号の森田涼花ちゃんが出てるからシンケンジャー見てたって感じだから、正直、あんまし戦隊物自体にこだわりはないです。 (シンケンジャー見始めるまで戦隊物見てなかったし。)

でも、正直、前作からの流れでゴセイジャーも見てたけど、5人全員が、いい意味で、すっとぼけた善人 (天使!!) ばかりっていうゴセイジャーよりも、キャラがしっかり立ってたシンケンジャーの方が (すぅちゃんが出てるっていう点を差し引いいても) 好きだったなぁ。

あと、ゴセイジャーは敵の軍団が都合3つ出てくるって初の試みだったので、敵を全滅させる度に次が出てくるってストーリーに説得力がないように感じられたし、新しい敵が出るたび戦いは厳しくなっているはずなのに、1年通してゴセイジャーがパワーアップする的な要素 (新しい武器とか技とかね。) が比較的少なく、ただ 「諦めない精神力」 だけで勝ち残っていくのが戦隊物として見る分は退屈な気がしました。 (子供向けの狙いなのかなー。)

逆にシンケンジャーは、侍戦隊って設定が結構しっかり作ってあって最後まで破綻しなかったし、前述のようにキャラが立ってて笑いとかもあった。 また、敵が強くなるに従って新しい武器や技の習得とかで順次パワーアップもしていく所が戦隊物らしいし、トータルで大人が見ててもなかなかよかったと思います。唯一、最後の方まで敵の幹部が残っていて、慌ただしくバタバタと倒したのが、不自然でしたけどね。


さて、映画ですが、ゴセイジャーが全編通じて戦ってきた敵「ブレドラン」が、シンケンジャーが倒した敵の親玉「血祭ドウコク」が復活したように見せかけて、自分が首領として軍団(外道衆)を取り込み、自分の思惑(護星界の滅亡)を果たそうとする。 戦いの中で、シンケンレッドは、ブレドランに捕まってしまい、外道シンケンレッドとして操られ、他のシンケンジャーゴセイジャーと戦うことになる。 最初は仲違いしていたシンケンジャーゴセイジャーだけどシンケンレッドを取り返すため、敵を倒すという目的のため、協力して戦うことになるっていうお話です。

ゴセイジャーメンバーは、TVで見ていたのであまり変わりないのですが、シンケンジャーメンバーは1年ぶりなので、結構、変わってました。
シンケンレッド/志葉丈瑠役の松坂桃李君はちょっと痩せてたかな。シンケンピンク/白石茉子役の高梨臨ちゃんや、シンケンイエロー役のすぅちゃんはちょっと大人っぽくなってた。シンケンゴールド/梅盛源太役の相馬圭祐さんは髪がむちゃくちゃ伸びちゃってましたね。 後、関係ないけど、シンケングリーン/谷千明役の鈴木勝吾君は、アイドリング!!! 7号の谷澤さん、24号の野元愛ちゃんのドラマ「古代少女隊 ドグーンV」に出てるのを見てたから、なんか改めて見ると笑っちゃいました。 全然変わってないのは、シンケンブルー/池波流ノ介役の相葉弘樹さんだけでしたね。(笑)

そうそう、毎年のお約束で、先日始まったばかりの、今年の戦隊 「海賊戦隊ゴーカイジャー」 も出てました。
まだ始まったばかりだけど、CG使ったり、設定に工夫があるから、期待はしてます。
ただ、戦ってる姿はもうちょっとかっこ良くして欲しかったけどね。 (銃や剣の形が中世の海賊っぽくてダサい。。)

映画は、すぅちゃんが出てるから見にいったようなものですが、本人も撮影はそんなに長くなかったって言ってる位で、出番もそんなに長いわけではないけれど、まぁ、1年ぶりにシンケンジャーを見られて、面白かったです。

天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕 [ 千葉雄大 ]

価格:3,344円
(2015/10/12 17:18時点)
感想(16件)

follow us in feedly