lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

全仏2014 女子ダブルス決勝 (テニス)

全仏オープン2014 女子ダブルス決勝見ました。

今年の決勝進出は、シェイ・スーウェイ/ペン・シュウアイvs サラ・エラーニ/ロベルタ・ビンチ。第一シードと第二シードの組み合わせになりました。女子ダブルスではおなじみのペア同士でしたね。

 

試合は第一セットの入りは両ペアともブレイクしあう(というかブレイクされ合う感じ?)展開で、どうなるのかと思いましたが、除々に(シェイ/ペン)ペアの方が、後衛でペンが強打で打ち合い、シェイが前衛で自在に動く、自身の得意な形を展開できるようになって、(エラーニ/ビンチ)ペアが何もできなくなってきちゃいましたね。

エラーニも強打でペン・シューアイに対抗してたんですが、逃げのロブがことごとく短くなってポイントを失ったり、前衛のビンチのボレーミスが続いたりして、展開が広がらなくなってしまいました。次第に互いのコミュニケーションも取らなくなってきてしまい、意気消沈という感じでした。

結局、流れに載った(シェイ/ペン)ペアの方が押し切った感じでした。

 

面白かった点としては、前述ですがペン・シューアイとエラーニのクロスの強打の打ち合い、(シェイ/ペン)ペアの絶妙なロブと互いをカバーするポジション取り、シェイの絶妙なショートクロスとかですかね。

なんか、(エラーニ/ビンチ)ペアは最近、調子がいまいちみたいですね。
全豪でもかなり危うい感じでしたし。

いずれにしても、(シェイ/ペン)ペアのいいところが前面に出た試合だったと思います。