lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

気づいたら片想い (乃木坂46) と 初恋 (村下孝蔵)

曲発表の時にネットで上げておられる方もいましたが、私も乃木坂46の気づいたら片想いを初めて聞いた時、村下孝蔵さんの初恋を思い浮かべました。

初恋は、初恋の気持ちを相手に伝えられないという歌だし、気づいたら片想いは、何度目かの恋だけど出会った時から好きになると思ってて傷つきたくないけど気持ちはどんどん募るという曲ですね。初恋の方が昔の歌だし、自分の気持ちに対する表現が小説チックというか、純情な感じです。気づいたら片想いの方が、もっと現実的で、好きになる気持ちに正直になるのは怖いけど、受け入れるしかないなというまとめです。

どこが似ているというわけでもないけど、気づいたら片想いが昭和歌謡風のメロディを使っているのと、片思いの気持ちを述べるという内容から似ている感じを受けるのかもしれません。初恋の校庭で気味を探すという歌詞と、気づいたら片想いの人混みの中であなたを探すという歌詞に似ているのもありますね。

乃木坂46の歌では、君の名は希望にも、遠くから君を眺めたけど時々見失った。24時間心が空っぽで1人では生きられなくなってるという歌詞がしますが、こういう恋の気持ちを歌った歌は、乃木坂46の雰囲気が出せていいですよね。

AKB本店でいうと、昔はあったしっとり系の曲(卒業シーズン毎に出してた合唱曲風の桜ソングとか)や、シンプルなメロディで女の子の気持ちをうたう(大声ダイヤモンドから言い訳Maybe位まで?)ような曲が表題曲からはなくなったので、余計にそう思うのかもしれません。恐らく、そういう曲ではその後に目指すミリオンは無理という判断だったんだと想像します。(支店でもそういう系統の表題曲は用いない気がする。年齢層の低いHKT位かな。)

乃木坂46としては、AKBGとの差別化からか、最初の2曲がお嬢様系の女子校の子達が歌って踊るみたいなぼやけたコンセプトな感じだったので、3曲目の走れ!Bicycleから方向修正をはかってAKBGが歌わなくなった10代ソングみたいなものを取り入れ始め、4曲目の制服のマネキンでまた違った面を見せたことで、乃木坂46の表題曲の幅の広さが見えた感じなのかなと思います。その後は、合唱曲風、10代ソング風、独特の世界観の曲と、様々出してますが、センターの選択含め、全てが上手くはまってきてる気がしました。

話は気づいたら片想いに戻りますが、初センターとなった西野七瀬さん、初選抜だった和田まあやさん、久々の選抜だった川村真洋さん、この3人が好きなので、乃木坂の表題曲でこのうたがTOP3に入ります。(後の2つは命は美しいと制服のマネキン)

選抜発表の時に和田さんと川村さんが呼ばれた時及びその後の挨拶のシーンを見ると今でも涙がでてきそうになります。初センターで名前を呼ばれた時の西野さんの様子と、その後にマカオでバンジーを飛ぶ姿をみて、西野さんの個人的な注目度が跳ねあがりました。

また、こういう素敵な曲を出してほしいですね。