lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

街撮りしてYouTubeに映像のせたいですね。

どこか出かけた際に街撮りして編集した映像をYouTubeとかに上げられないかなって思ってます。外国人の方が来日した際に秋葉原やら、地方(鎌倉とか京都とか)に行く道すがらを短くまとめた動画をUPしてるからそういう感じのやつ。(手軽なロードサイドムービーみたいな。)

街撮りすると、その場で写った人達にクレーム付けられそうだから、おっきなビデオカメラを持って歩くのは不可かなと。そうなるとアクションカムをつかってさっと撮ってしまうのがいいのかなと。(スマホでもいいけど1日撮って歩くと考えると専用の方がいいのかなと。)

ありがちですが候補としては2つ、GoProとSONYですね。

私は、バナナマンさんのバナナTVをずっと見てるので、プロデューサーの宮本さんがGoProに1本棒のハンドル付けてバナナマンさんをずっと撮ってるのをみてるから、イメージ的にはあんな感じがいいなとは思います。持っている映像を見る限り、色はシルバーで裏にディスプレイがついてるから「HERO4」ですね。

もうひとつの候補はSONYのアクションカム。製品としては「FDR-X1000」「VHDR-AS200」「VHDR-AZ1」とあって、特徴的には1000が4K対応、AZ-1がコンパクトサイズ、200がAZ-1の大きい版(?)って感じですかね。取り敢えず始めて買うんだし、アクションカムで4Kは要らないかなと。サイズも大きそうだし。逆にAZ-1はバッテリーの駆動時間が他の半分位なので、1日撮って歩くような事を考えると少々めんどくさそうです。となると必然的に「VHDR-AS200」になるのかな。

最初は、イメージがいいし、GoProかなって思ってたんですが、GoProには手ブレ補正がついてなんですね。GoProの広告映像やバナナTVの映像を見ても手ブレらしきものはないんですがどうもこれは編集の際に手ブレ補正をかけまくってるようです。(撮る際にスタビライザーを使うこともあるでしょうが。) つまり、持ち歩いて撮る感じだと素人にはGoProは向かないかなと。後、GoProは初期不良がかなり多いみたいで返品交換になったという話がよく見ます。

逆に、SONYの方が、さすがというかアクションカムでもかなり優秀な手ブレ補正機能が搭載れているようです。乾電池を縦に2つ並べたようなフォルムは街撮りの際どうやって手にもったらいいのかイメージできなかったのですが、オプションで普通のビデオカメラ風に持つことができ、ディスプレイも搭載されてる「グリップスタイルLCDユニット」というのがあって、これを使えば小さなビデオカメラ(解像度の小さいおもちゃっぽいのが売ってますがそれに近い感じ)風に持って歩くことができ、且つ、SONYのアクションカムの本体にディスプレイがついてない点もカバーできます。手首に付けるディスプレイ付きの操作パネルを使うか、スマホのアプリで見るらしいですが、歩きながらは無理だし、スマホで映像見てるとスマホ側のバッテリーが持たなくなるらしいのでそれはちょっと困るかなと。

ちなみにもう1社、パナソニックのアクションカムもあって、これもコンパクトで設計とか使う側の事を考えて親切に作ってあるらしいですが、そもそも手ブレ補正機能がついてないのでGoPro同様、編集時に補正してあげないと行けないのは少々めんどくさそうなので候補からは外しました。棒状のフォルムもヘッドギアとかで頭につけたりするのはいいんだろうけど手に持って歩くには不便です。

ということで、現時点ではSONYのアクションカムが第一候補ですね。

とにかく経験がないので、買う前に、スマホで撮った映像を編集するとかしてできそうか試してみようかなと思ってます。