lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

最近、電子書籍を試してます。

セールの際にAmazonKindle端末を買ってみたりして以前から少し使ってみてはいたものの、Kindole端末の画面の切り替えがもたつく感じと、ライブラリ管理機能の使いづらさからほぼ使わない感じになっていました。

今年になって、楽天Koboで発売した写真集(ここ限定)をきっかけに、電子書籍を買うようになってます。普段使っているのがiPad mini Retinaで、iOSアプリ版のkoboアプリは割りと使い勝手がいいです。

また、楽天Koboは常に何かしらキャンペーンをやっているのも購入動機になります。
・2ヶ月連続で電子書籍を購入するとxx%OFFクーポン
・1,500円以上購入するとxx%OFFクーポン
・特定の書籍群に限ってxx%OFFクーポン
・女性限定でxx%OFFクーポン       等々。

Amazon側ではこういったものがほぼない感じなのは購入の差別化にはなりますね。Amazonはプライム会員だと月に1冊無料で読めるのですが、読みたい本がなかなかないという致命的な問題があります。。

ただ、何でもかんでも電子書籍がいいいかというそうでもないと思っています。

よく電子書籍はかさばらないから普段の持ち歩きに便利とか、買って帰る時に重くなくていいとか、部屋に本が山積みということにならなくていいとかが利点として言われます。逆に、紙をめくる感覚がないから味気ないとか、ディスプレイを通して見ていると紙の感覚を感じながら見るよりも記憶に残らないなんて事も言われます。(恐らく、後者は紙の本の感覚が先で後から電子書籍を経験している故だと思います。今後、もっぱら電子書籍しか触れたことがないような子が出てきたら、紙の本の方が頭に入るという意味すらわからないでしょう。)

私が思うのはそういう直接的な点とは違う部分です。
電子書籍と印刷物の本との違いでよく言われる「所有権」の事です。

紙の本は買ったら所有権は自分のものです。これに対し、電子書籍は「読む権利を買っているだけで所有権を買っているのではない」という点があります。

今時点では読み終わった電子書籍は他の人に中古として売るような事はできませんし、所有権がないので、買った電子書籍サービスが終了してしまったら、権利を主張して「返金」させるような事もできません。

電子書籍サービスが終了するのが怖いから利用したくないという話はよくでますね。実際、AmazonKindle上陸を受けて、雨後の筍のように出てきた国内の電子書籍サービスはうまくいっておらず、サービス終了の話はよく出てきます。(Amazon楽天Koboすら大成功とは言えないのに大手でもノウハウや先の見通しのつかない所がやってもうまくいくはずがない。)

つまり、電子書籍で買うのに向いているのは、読んだらすぐに処分してしまうような雑誌、ノウハウ本、ビジネス書籍、ライトノベルズ等だと思います。後、出版時は大人気でも売れすぎて買い取りで値段がつかなくなるような書籍(賞を取った系の小説や人気タレント本)が向いている気がします。中古で売れなくてもサービスが終了しても読み返す事があまりないのであまり気になりません。

逆に、中古でもある程度値段のつく可能性のある書籍は普通に紙の本を買った方がいいと思います。例えばコミックとかですね。コミックはコレクション要素から部屋に積み上がっている人も多いでしょうし、全巻まとまってる場合等は1冊あたり定価の7割位では十分売れたりします。売る意思があるかないかは別に中古できちんと値段のつくものは電子書籍で買うのは正直もったいないです。(引っ越しのためにやむを得ずとか物理的に置けなくなって処分するなんて事もありえますから。)

後、電子書籍に向いてないと思うのは、技術書とか辞書とかですかね。IT系の技術書はあまり売れてないものから電子書籍化されてたりしますが、IT系の技術書はパラパラとめくって目的のページを開かないといけないのでめくるのに時間がかかる電子書籍はあまり向かないと思います。机の上に広げて見ながら作業したいですしね。辞書も同様の理由ですね。

とは言え、買いたい時にすぐ買って読める電子書籍は魅力です。
ネットでたまたま知ったコミック、映画化されるとニュースに出た小説、すぐに読みたくても夜間等は書店に買いに行くことができません。そういう時に電子書籍は便利です。私もいまさらながら弱虫ペダルを読み始めて続き、続きとついつい買いまくってます。

現状は、読みたいと思った本でも電子書籍化される割合は決して高くありません。電子化されている書籍でも買って問題ないものと、買うともったいないものもあります。今後はわかりませんが、買える本の中でメリットのあるものを出来るだけ安価に買って読み出るのがいいバランスという気がしますね。