読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

乃木坂ゴルフ倶楽部 第6回 (TV番組)

ネット テレビ

乃木天ゴルフ部から見てます。
メンバーのトークの面白さもあるし、ゴルフ番組としてもそれなりに成立してる。

ゲストは前回に続きゴルゴさん。らりんさん(永島聖羅さん)が加わって、ゴルゴ-ちーちゃん(斎藤ちはるさん)チーム、片山プロ-らりんさんチーム。進行がまあやさん(和田まあやさん)。

ゴルゴさんがいちいちフリを入れてくるので皆で大喜利合戦みたいになってる。ゴルゴさんも好きなゴルフだし、カワイくていい子ばかりだから張り切ってるんだろうな。

今回進行だけど、まあやさんがとにかく楽しそうでいい。ハローで始めたのは乃木坂46えいごの影響だと思うけど見ているファンには分かるからこういうチャレンジは全然OK。(多分、現場のスタッフさんは???だったと思うけど。) 落ちてた木の枝、きのこ、クラブのグリップをマイクに見立てたりすごく楽しそう。

前回から引き続きで、ティーショットとグリーンはメンバーが打つルール。

らりんさんは、番組で見るたびにショットの形が乱れていってる気がする。本人もテイクバックで乱れるのが課題と言っていて一時よりもテイクバックを気をつけて上げてるのは感じるけど、重心を上げずに体を撚ることで腕とクラブが上がっていくのができてないから、正面を向いた状態で腕だけでクラブを持ち上げる感じになってる。腕で振り上げたクラブは腕で振り下ろすしかないからボールとの距離感も腕(手)で調整していくしかない。(背骨を中心に捻って上げれば円運動でボールへの距離が変わらない。) 体が伸び上がってクラブを上げてるから頭と顎の位置もズレてしまってるからさらにボールには当てづらい。

後、体が伸び上がってクラブをテイクバックしてるためクラブを振り下ろす際も重心が高く伸び上がった「地に足がついてない」状態になってる。インパクト付近でも重心が高く、足に力が入ってないからガニ股で足先だけが浮いた感じになるし、インパクト後、クラブを振り上げる際にはクラブの重さで左腰が抜けてしまうのか左足が後ろにズレていってフォロースルーのバランスが崩れてしまう。腕でスイングするからスイングの軌道はV字型(常に距離感が変わる)。

らりんさんのフォームはボールにちゃんと当てる要素の逆、逆に行ってて、スイングスピードも速いから当たれば飛ぶのはわかるけど、ティーショット以外のショットでは、ティーアップしてないショットを状況に応じてスイングで運ぶショット(それで距離感合わせる)をする必要があることを考えれば、打ちっぱなしの飛ばせば勝ち的なショットだと応用が効かなすぎて厳しいね。(ゴルフでボールが飛ぶのは有利だが、フェアウェイを外さず狙った所に思ったように打てる技術の方が圧倒的に大事なので。)


ちーちゃん。前回の柴田さんと回った時と比べても、構えた時の姿勢もすっとキレイに立てるようになってる印象。コースに出始めた頃から構えに少し固さが出てきててスイングがスムーズに振れない要因になってると思ったけど、ここに来て良くなってる。

ちーちゃんもらりんさん同様、背骨を中心に体を回転(下半身は動かさずスタンスの背骨を中心に上体を捻ってテイクバック)させてテイクバックするというより、胸から上の肩のあたりで捻るテイクバックになってる印象。重心低く下からクラブを持ち上げていくというより、胸から上で窮屈に持ち上げて、背骨の軸よりやや縦方向のスイングプレーンになる。(らりんさんとは少し違うけど縦気味のV字型っぽいスイング軌道。ボールに当たりにくい要因になる。) 構えた時の姿勢やスタンス(スタンスも多分改良してる)はいいので、もっとナチュラルなプレーンでスイングできるようになれば、「乃木坂メンバーで一番上手い」の称号は、また、ちーちゃんの手に戻りそうな感じがする。

ちーちゃんはまじめにプロやゲストの皆さんが言ってるアドバイスをしっかり聞いて改善しようとしている感じが見受けられるのと、想像だけど収録以外でも研究したり、放送を見返して復習したりしてるんじゃないかなとも思う。コースに出始めて、一番上手いと言われつつも結果が出ずにどんどん意気消沈していく姿を見てるから、きちんと改善しようとする姿勢が見えるちーちゃんは(元からの才能云々じゃなく)上手くなる素養があると感じます。

乃木坂メンバーは皆パターの打ち方ができてない感じ(ゲートボールみたくパターをボールに腕の振りでぶつける子が多い)だけど、ちーちゃんは柴田さんの回位からパターのフォームが徐々に変わって来た。前回5回目の片山プロのパターの距離感のイメージの仕方、スイングのイメージはもう基本中の基本だけど、一番大事な勘所といっていいし、それを聞いて(多分片山プロの打ってるフォームも見て)ちゃんと修正してきてるちーちゃんはいいなと思った。らりんさんの最後の2パット。片山プロは前回ちーちゃんに言ったのとほぼ同じ事を言ってるけど上手く伝わってないのは見ててわかるよね。。

※パターの素振りをする際はカップまでの距離感を見て、スイングによって「転がって、転がって、転がって、入る」という距離感で打つ。打つ力加減は余り変えず、スイングの幅で1m、2m、5m、10mという距離感を出す。(ごめーとるっ と心の中でつぶやきながらスイングしてもいい。)、カップを「的」として、カップめがけて打っても距離感が合ってなければ入らずに通過するし、びびって弱く打つと届かない。カップは的ではなく、ボールの到着点なので、どのような軌道でボールを転がして最終的にぎりぎり入る距離感を出すのがパット。カップまでの距離に対してボールが届く自分のスイングの大きさを何も考えずに常に再現できるようになるのが大事かなと。


乃木坂ゴルフ倶楽部に参加してるメンバーは皆それぞれ上達してきてて、皆が素直で、仕事とは言えゴルフに真面目に取り組んでいる成果だとは思うけど、未経験者のアイドルがゴルフやってみましたみたいな企画の枠から抜けだしていくには、きちんとゴルフの基本を勉強して、具体的に上手くなっていく方がいいので、ちーちゃんのような真面目な姿勢は見本になっていいと思う。忙しいでしょうが皆が追従するといいな。

ただ、3打目を打ってバンカーかもと言われた時のちーちゃんの表情。また落ち込んだ感じになってて可哀想だった。ゴルゴさんがうまくフォローしてくれたから引きづらなくて済んだけどね。ここは上手い人と交互に打つルールのいい所。

らりんさんは厳しいね。できれば番組外で片山プロにでも真剣になおしてもらった方がいい。乃木天からゴルフ企画だけが残って、何だかんだ皆がうまくなってきてて、初心者がゴルフやってみました段階から、まだまだドタバタはあるけどゴルフのプレーで競う段階に番組が移ってきてるから、打ちっぱなしのような状況でボールが飛ぶ飛ばないというレベルで考えてたら皆に置いて行かれかねない。今回みたいにプロや上手い人とペアで交互に打つ感じなら未熟さは目立たないけど、周りがもっと上手くなっていったら、差が目立ってしまうしね。

後、関係ないけど前回(第5回)から、皆、タイツを着用するようになってて、カワいいファッションが素敵だったのでちょっと残念。黒いタイツだからちょっとモサい。足が太く、短く見える。パットとかボールを置く時にスカートが気になっちゃうからだと思うけど、中がショートパンツタイプのスカートでもいいからタイツない方がかわいいと思うけど。

video.rakuten.co.jp